Top
木漏れ日の下で
季語で言う「木漏れ日」とは、どの季節を表わしているのだろう?
春? 夏? 秋? それとも冬だろうか??

直感から言うと、冬はないだろう?
冬の陽は、私の思う「木漏れ日」にしては弱々しい。

秋もちょっと違うような気がする。

「木漏れ日」とは樹葉の間から差す陽光のこと、
新緑の間から洩れるキラキラする光、
これがもっともぴったりとくる。
c0135543_1072527.jpg

ところが、事実として、「木漏れ日」には季語が無い。
c0135543_1085621.jpg

即ち、春夏秋冬、いつ使って良いのだ。

緑が一段と濃くなった楓の葉、
風に枝がそよぐと光がサ―ッと差し込んでくる。
c0135543_1082177.jpg

まことにのどかで希望に満ちた山中湖周辺、
5月末から6月初めにかけてのことだ。






しかし、のどかな気分に浸ってばかりはいられない。

「お爺さんは山に柴刈りに・・・・・・」
そんな生易しいものではない肉体労働が待ち構えている。

これからフル回転する夏場に備えて、
荒れ果てた庭の整備が待ちうけているのだ。
c0135543_10102924.jpg

雑草取り、枝の伐採、木の移植、
花壇の手入れに球根の植え付け、
そして、薪割りにのこぎりで木を引く。
c0135543_10134799.jpg

ここ一帯は、富士山の火山灰、溶岩により
土質は貧弱この上も無いのが普通だが、
この庭に限っては、その上に余りある腐葉土が堆積している。
c0135543_10142581.jpg

従って、栄養は申し分のない筈なのだが、
過去の実績はあまり芳しいものではない。

人間と同じで栄養過多となってもいけないのだろうか?
c0135543_10113226.jpg

漸く猫の額ほどの花壇の地を確保し
地面を耕し始める。
c0135543_1012281.jpg

このパンフレット通りに綺麗に花を咲かせてくれるだろうか?

それにしても、この雑草は酷い。
c0135543_10172536.jpg

上だけむしってもなんの解決にもならぬ、
ここは根元から抜き取ってしまわねば
根本的な解決にならない。

果てしない雑草取り、
その作業中、清楚な花が目についた。

これが、「宝鐸草」である。

世の中、書けても読めない字よりも
読めても書けない字の方が多い。

そんな中にあって、書けなくて、読めない字
その代表格が宝鐸草である。
c0135543_1012535.jpg

花の画像を参考に、読めたならば脱帽である。

以下、次ブログに続く。
               (労働のあとの冷えたビール!!)
c0135543_10202971.jpg

[PR]
by shige_keura | 2012-06-06 10:19 |
<< 花の名前は寺院から 喜んでよいものか?? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.