Top
アメリカ・アメリカ!!  -ロスのチョウセンアザミ-
和名がチョウセンアザミ、英語でArtichoke(アーティチョーク)、
イタリア語がCarciofi(カルチョ-フィ)、
花になる前の、主に蕾を食用とする植物だ。
c0135543_11475340.jpg

奇妙な形のアーティチョークを初めて知ったのが
1980年代初頭のブラッセル、
蕾を一枚一枚はがして、根元にこびりついている果肉を食べる。

姿形も奇妙ならば、食べ方も変わっている。
c0135543_1152650.jpg

しかし味は????
その当時は、珍しいだけのアーティチョークだった。

アーティチョークのイメージが一変したのが
1995年頃に暮らしたローマの頃、
カルチョ-フィに名前が変わったら美味しさも一変した。

ローマのカルチョ-フィの旬は冬、
市内中心、スペイン広場から少し裏手に入った場所、
数少ない地元民の店、
”Da Nnino”のカルチョ―フィは絶品だった。
c0135543_1148164.jpg

ふつうは固くて食べられぬ茎の部分、
摩訶不思議! Da Ninoの茎は柔らかく、味が濃い。
c0135543_11483164.jpg

カルチョ-フィ(アーティチョーク)の美味しさに目覚めた。

しかし、この食材は依然としてレストランでの食べ物
我が家の食卓に上ることは稀だった。







ロス市内のスーパー・マーケット、
何と、所狭しとアーティ・チョークが山積みされていた。
c0135543_11532956.jpg

何だ! ロスではアーティ・チョークの旬は夏だったのか!!
c0135543_11574391.jpg

ならば、家内と次女に料理を頼もう。
c0135543_1158178.jpg

縦に真っふたつ、中央の髭の様な繊維は取り除き、
レモン汁を十分に沁み込ませるように摺り込む。
c0135543_11584636.jpg

c0135543_11591363.jpg

ボイルしたお湯にレモンと共に入れ茹で、
頃合いを見計らって取り出し、
塩、胡椒、オリーブオイルをなじませオーブンで焼き上げる。
c0135543_11595027.jpg

当然のことながら、時間を見計らってステーキを焼き始める。
c0135543_1202834.jpg

これで、豪華な夕食が出来上がった。
c0135543_121486.jpg

アメリカン・ビーフのステーキ、勿論焼き加減はレア、
オーブンで焼き上げたポテト、ズッキーニ、
そして主役級の働き期待のアーティ・チョーク!!
c0135543_123591.jpg

c0135543_1214643.jpg

茎の部分にナイフが滑らかに入っていく、
これは、これはDa Ninoの味!!
c0135543_1222723.jpg

まさか、初夏のロサンジェルスで
ローマ、冬の味覚アーティ・チョークが楽しめるとは!

締めは、別腹のガーリック・ライス。
c0135543_1235850.jpg

赤ワインで乾杯!!!
[PR]
by shige_keura | 2012-07-07 17:44 |
<< アメリカ・アメリカ!!  -大... アメリカ・アメリカ!!  -ジ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.