Top
懐かしの”ガンさん”
その昔のNHKテレビ人気番組、「事件記者」、
猪突猛進、慌て者ながら熱血正義感、
岩見記者を演じた山田吾一さんが亡くなった。

「事件記者」は1950年代後半から続いた人気番組。

今考えても、中身が濃い、練れたドラマだった。
c0135543_9515040.jpg

何しろ、時間は30分、
長時間ドラマ全盛の今の時代、
嘘みたいな時間で話が完結する。

短いからと言って、
決して話を急いで進めている様子は無い。

事件発生から解決まで、
警察と事件を聴取する記者のやりとり、
”抜いた、抜かれた”の、各新聞社の駆け引き、
行きつけの小料理屋、”ひさご”での憩いのひと時、
短時間の間に見事に織りなされていた。

ドラマの中心となったのが「東京日報」
キャップ演ずる、永井智雄、以下
c0135543_952329.jpg

原保美、滝田裕介、園井敬介、大森義夫、
新進気鋭から中堅、ベテランの役者が個性を発揮していた。
c0135543_9532838.jpg







山田吾一さんは「東京日報」に対抗する
「中央日々」のエース記者として登場していた。

ところが、このエース、
威勢は良いのだが、おっちょちょいの慌て者、
「抜かれる」ことはあっても「抜く」ことはなかった。

そのたびに上司から「バッキヤロー!」怒鳴られる。

上司に扮し、閻魔大王の異名を奉られたのが高城淳一、
「ガンさん」、山田吾一との掛け合いは
「事件記者」を盛り上げる重要な要素となっていた。

さて、今回知ったのだが
山田さんは5歳年下の落語の名人と無二の親友だった。

その落語家とは古今亭志ん朝、
友達となったきっかけは顔が似ていると言う事だった。
c0135543_9543042.jpg

そのことは、お互いに相当意識していたらしい。

そして、遂に志ん朝さんは
「山田吾一」のネタで新作落語を作り高座にかけていた。
c0135543_954133.jpg

志ん朝さんが、新作落語!!!!

是非とも、聞いてみたかったものである。

今頃は天国で二人揃ったところで
あちこちで、人違い騒動をまき起こしているに違いない。

慎んで御冥福をお祈りいたします。
[PR]
by shige_keura | 2012-10-16 23:59 |
<< 渋滞・混雑解消! ランナーのび... 映画の中の酒  -そういうこと... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.