Top
赤いりんごに・・・  -リンゴ村のワイナリーー
飯綱町はリンゴ畑に囲まれた町なのだが
彼方の丘を見上げるとブドウ畑も存在し、
瀟洒なワイナリーの建物も見える。
               (丘の上に見える白い建物の教会とワイナリー)
c0135543_20511048.jpg

ここが飯綱町、芋川にある「サン・クゼ-ル」(St. Cousair)ワイナリーだ。

クリーム色の建物の入り口にワインの大樽が飾られ、
広々とした庭が広がった向こうにワインナリーが見えている。
c0135543_2053410.jpg

長野県の片田舎、信州の山々に囲まれて
このように欧風の香り漂わせる場所があったとは!
c0135543_20572838.jpg

元はと言えば1975年、斑尾高原でペンションを始めたのがきっかけ、
1985年にワイナリー、農園プロジェクトがスタートし
3年後目出度く竣工し、ワインづくりが本格的に始まった。

飯綱町は斑尾高原の南麓に面し陽当たりが良い、
更には寒暖の差が激しく、土地そのものは肥沃とは言えぬ。
c0135543_20545940.jpg

まさに、ワインづくりにもってこいの土地なのだ。





レストランとギフトショップを見て回る。

メニューを覗きこむと、
自家製ソーセージを、キッシュ等を盛り合わせたランチ、
見るからに旨そうで、それでいて1,000円はお値打ちだ。
c0135543_20582435.jpg

しかし、本日の昼は信州蕎麦と決めているのでどうにもならぬ。

次の機会にしてギフトショップに足を進める。

ここで、或る商品に目が吸い寄せられた。

シードル(Sidre)! シ―ドルがあるんだ!!
c0135543_20585052.gif

フランスのノルマンディ地方の名物、
青リンゴを材料とした発泡酒だ。

即ち、ノルマンディーのリンゴのシャンペンと言えよう。
c0135543_20594798.jpg

これを蒸留したものがカルヴァドス、リンゴのブランデー、
そしてカルヴァドスと言えばレマルクの「凱旋門」
「凱旋門」のカルヴァドスならばイングリッド・バーグマン、
頭の中は様々な場面が駆け巡ってゆく。
c0135543_2103235.jpg

気がつけばシードルをひと瓶抱えて
カウンターで支払いしている自分があった。
c0135543_2105635.jpg

リンゴの村の飯綱ならば、
ここはシードルを求めるのが最良の選択だろう。

クリスマスの頃に開けて皆で楽しむとしよう。

食前が良いのか?食後が良いのか?
食後ならばカルヴァドスか?
バーグマンを偲んで飲るのも悪くない。
c0135543_2112414.jpg

[PR]
by shige_keura | 2012-11-28 08:25 |
<< 赤いりんごに・・・  -野菊の... 赤いりんごに・・・・  -緑も... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.