Top
師走のLA ーロスの交通事情についての???ー
今回のロス訪問は観光目的ではない 。

従って、東京同様の日常生活を送っているので
ロサンジェルスの生活環境、慣習に自然と目がいく。

アメリカは典型的な車社会、
全米第2の都市、ロサンジェルスは当然のことながら
車が無ければ生活はして行けない。

即ち車最優先の社会なのであるが
市内の運転マナーを見て驚いたのは
ドライバーが規則を忠実に守っていることである。
c0135543_17334426.jpg

例えば信号の無い四つ角では、必ず停車し、
車同士が譲り合う精神が徹底しているように見受けられる。
c0135543_17341958.jpg

歩行者絶対優先の規則は日本よりも厳しい様だ。

横断歩道では無い場所でも、横切る人が居れば
車はクラクションを鳴らすこと無く、静かに停車し
歩行者が横断するのを待っている。

もっとも、住宅地の通りを歩いている人は余りみかけぬが。
c0135543_17345472.jpg

何はともあれ、ロス市内を見る限り
アメリカ人の運転マナーは意外な程、素晴らしく思われる。
c0135543_17351845.jpg

これならば、自分でも難なく運転できるぞ!






ところが様相が一変するのがフリーウエー(高速道路)
全ての車が規則を無視しているかのように走り回っている。
c0135543_17373417.jpg

規則無視と言ったが、正確に言うと規則自体が殆どないようだ。

勿論、速度制限はあるが、あとは自由気まま
走行車線、追い越し車線の概念は無く
あたかもカーチェイスさながらの
追いつ追われつの世界が広がっている。
c0135543_17375414.jpg

ドイツ、スイスを始め高速道路のマナーが徹底している
欧州の道路事情を見慣れた者には恐怖感が募る光景である。

しかも、アメリカ人の運転は基本的には下手と聞いているので
とてもじゃないが、フリーウエーの運転は躊躇してしまう。

だからといって、事故多発かというとそのような気配はない。

恐らく、それぞれが自己の運転能力を分かっていて
規則の無い規則の中で振る舞っているのだろう。

もうひとつ目に付いた所は
走っている車の程度に大きな差があることだ。

最新のイタリア、ドイツのスポーツカーが走っているかと思えば、
石油をがぶ飲みにしながら、息も絶え絶え走ってる車も多い。
c0135543_17383345.jpg

カリフォルニア州に存在する排ガス規制は
本当に機能しているのだろうか?

ロス滞在7日目、ショッピングモールを出た所で
煙を上げて道路の片側に止まってる車を見かけた。
c0135543_17392233.jpg

パトカーが飛んできて、体格の良い警官が
周囲を睥睨するかのように立ちはだかった。

日本の警官と違って凄く強そう、
変な行動に出たら、たちどころにズドンとやられそうだ。
c0135543_17395882.jpg

煙モウモウの直後、車から炎が吹き出し、
消防車のサイレンが事の緊急を告げるかのように近づいてきた。。
c0135543_17402334.jpg

まるで、ユニバーサル・スタジオのアトラクションのよう、
これが現実の出来事として目の前で繰り広げられている。

なんだか分からぬが、アメリカって迫力あるなー!!
[PR]
by shige_keura | 2013-01-08 09:05 |
<< 師走のLA  —小さくて大きな... 師走のLA ー二大スナックー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.