Top
江ノ電の旅 -七口を歩く-
鎌倉を出発した江ノ電は
和田塚から由比ヶ浜に向かう。

由比ヶ浜で降りて昔の幼稚園跡を・・・・、
と、思ったが、見当がつく筈がないので諦めた。

次の駅、長谷で降りよう。

長谷観音の覚えが全く無いということと、
次の駅、極楽寺まで、
鎌倉の切通し(七口)を歩きたくなったためだ。
c0135543_2083065.jpg

人の記憶が全く当てにならないことを思い知ったのが
長谷観音を見たときである。

私の記憶の中の長谷観音像は
屋外にあって青銅製の観音だった。

ところが、屋内の観音は予想以上に大きく
しかも金箔でピカピカしている。

一体全体、私の記憶の中の長谷観音は
どこの仏像だったのだろう。
c0135543_20134320.jpg

眼下に見える砂浜は由比ヶ浜から材木座、
とんびが時々ゆるりと輪を描いている。
c0135543_20143516.jpg

水仙の花は開き、黄色い福寿草も顔をだし、
春の匂いが風に乗って漂っている。
c0135543_2015523.jpg







長谷から極楽寺までの切通しの散歩、
ここは、その昔の雰囲気とは大きく違うのだろうが
源頼朝のインフラ作りが偲ばれて興味深い。
c0135543_20154999.jpg

頼朝が鎌倉を幕府の地として定めたのは
一方が海、三方が山、自然の城塞都市だった為である。
c0135543_20162338.jpg

しかしながら、この城塞都市は
一歩間違えると孤立を強いられてしまう。

その為に、頼朝は必要最小限のロジスティック確保のため
七本の細い道を山を切り崩して作り、七口と名付けた。

それは、ここの極楽寺切通しのほか
名越、朝比奈、亀ヶ谷、巨福呂、化粧坂、大仏坂となる。

昔は結構アルいたと思うが
今、思い出すのは名越の昼なお薄暗い細道ぐらいだ。

日を改めて、別の七口を歩いてみたい。
c0135543_20165383.jpg


c0135543_2017227.jpg

切通しを抜ければ、そこは極楽寺駅、
江ノ電が眼下を通り過ぎてトンネルに消えてゆく。
c0135543_20174022.jpg

黒澤明の大傑作、「天国と地獄」の
ワンショットで使われたトンネルだ。

犯人を追いつめて行く仲代達也の刑事、
犯人役で鮮烈なデビューの山崎努、
みんな若くて活き活きしていた。

さー、ここからは稲村ケ崎、七里ガ浜、
そして腰越を抜ければ江の島だ。

絶好の晴天、展望台からの眺望は格別だろう。
[PR]
by shige_keura | 2013-02-02 09:21 |
<< 江ノ電の旅 -駅前旅館- 江ノ電の旅 -不思議な光景- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.