Top
半世紀ぶりの里帰り -前篇-
私にとって大好きな映画ジャンルが西部劇だ。

正確に言えば、好きなジャンルと言うよりか
西部劇に誘われて映画の世界に入っていった。

「駅馬車」のジョン・ウエイン、「真昼の決闘」のクーパー、
「シェーン」のアラン・ラッド、「荒野の決闘」のヘンリー・フォンダ、
半世紀以上前のスクリーンを彩ったスタ―達が今でも脳裏にくっきりと浮かぶ。

西部劇の長い歴史を振り返ってみると
1964年に一大転機が訪れた。

転機をもたらした作品は「荒野の用心棒」
主演は今やハリウッドの大御所、クリント・イーストウッドである。

この作品は西部劇史上初めて
舞台、撮影場所を北米から南欧州に飛びだしたものなのだ。

以降、マカロニ・ウエスタンの名前のもと
毛色の変わった西部劇が一世を風靡した。







どのように変わったのかと言うと
一言でいえば暴力性に富んだ西部劇となった。

「シェーン」と「荒野の用心棒」の主人公を比べてみよう。

二人は共に名うての早撃ち、
やくざな渡世の旅烏ではあるのだが、
キャラクターはまるで異なっている。
c0135543_9134093.jpg

少年ジョーイの頭を優しくなぜながら諭すシェーン。

「おじさんはもう後戻りできないんだ、
 ジョーイ、お父さんお母さんを大事にしなさい」

ワイオミングの山に消えて行くシェーン、
詩情に満ちた名画と言えよう。
c0135543_9142143.jpg

一方は名無しの荒野の用心棒、
この作品に詩情のかけらを求めようともどこにも見当たらない。
c0135543_9254784.jpg

ただただ、金の為に相手を倒す、
そのやり方も、時には残虐非道である。
c0135543_926570.jpg

本作品の邦題は「荒野の用心棒」なのだが
オリジナルタイトルは「A Fistful of Dollars」
”ひと握りのドル”なのである。

即ち、ひと握りの金の為ならなんでもやるぜ!

翌々年、1966年に暴力性が更に強まった作品、
「続・荒野の用心棒」が公開され世間をあっと言わせた。

棺桶を引きづりながら荒野を彷徨い
お尋ね者を殺して賞金を稼ぐ。
c0135543_926332.jpg

その残虐性ゆえに多くの国で上映禁止の措置がとられた。

例えば、英国では27年後の1993年、
18歳未満お断りとして漸く公開された。

暴力描写満載の「続・荒野の用心棒」は
マカロニ・ウエスタンの新たなヒーローを生み出した。

それは、オリジナルタイトルともなった「DJANGO」(ジャンゴ)
映画の主人公の名前、演ずるはイタリアの俳優フランコ・ネロだった。
c0135543_9265665.jpg

彼は続く数本のDJANGO役で
一躍有名スターの座に駆け上がっていった。

従来の西部劇のカラーをがらりと変えたマカロニ・ウエスタン、
そのなかの一大ヒーロー、ジャンゴがこのほど里帰りした。

監督は暴力描写大好きのクエンティン・タランティーノ、
一体、ジャンゴはどんな男になって帰ってきたのだろうか?

明日に続く、
[PR]
by shige_keura | 2013-03-17 12:42 |
<< 半世紀ぶりの里帰り  -後篇- 大根と豚バラ肉 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.