Top
”サヨナラ”繋がり  -2-
川島雄三さんが映画、「貸間あり」に込た想い、
それをズバリ言い当てた人は小沢昭一さん。

この方も異能・異才、
その芸域は映画・舞台・放送・文筆・俳句・等
とてつもなく広くそして深い。

               (小沢昭一さん代表作「”エロ事師たちより” 人類学入門」)
c0135543_839545.jpg

特に日本全国自分の足で回り、目で確かめ
滅びつつある放浪芸の伝承にかけたエネルギーには頭が下がる。

小沢さんはこう言う。

「”貸間ありは”川島雄三作品のなかで
 ”幕末太陽傳”、”しとやかな獣”、洲崎パラダイス 赤信号”と並びベスト4、
 なんでこんなに評価が低いのかその理由が分からない」

小沢さんのエッセイ集、「雑学大会」の中で
”露悪と自虐・川島雄三”の一文を寄せている。

「貸間あり」は川島さんが珍しく自己を語った映画、
主人公は川島さん自身、
露悪的・自虐的に自己を苛んでいる。
監督は自分の真面目さを照れたからこそ
俗悪的と決め付けられる仕上げをした。

これはまさに正鵠を得ている。

小沢さんの意見を読む読まないでは
映画の評価が、まるで変わってくる。

自らを「川島組」の組頭を自認する
小沢さんならではの言葉である。






サヨナラ繋がりのお二人のプロフィールを比較してみよう

         川島雄三             寺山修司
出身    青森県下北半島         青森県弘前市

生涯    1918-1963(45歳没) 1935-1983(47歳没)

なんと全速で人生を駆け抜けたお二人であることか!

さて愈々、ここでお二人の座右の銘、
「サヨナラだけが人生だ」に入っていこう。
c0135543_8371011.jpg

これは元を辿れば、唐時代の詩人
于武陵(うぶりょう)の「勧酒」の一節の訳である。

先ずは原文から行こう。

勧君金屈巵
満酌不須辞
花発多風雨
人生即別離

次に岩波新書の訳を紹介しよう。

君にすすめる黄金のさかずき
なみなみとついだこの酒を辞退などするものでないよ
この世の中は、花が咲けば、とかく雨風が多いもの
人が生きていくうちには別離ばかり多いものだ。

ここで登場するのが井伏鱒二氏、
歴史上に残る名訳をされている。

               (20代の井伏鱒二氏)
c0135543_8374346.jpg

このサカヅキを受けてくれ
どうぞ、なみなみと注がせておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
サヨナラだけが人生だ

これぞ名訳中の名訳と言わずしてなんとする。

言わんとしている所は、
「人生即別離」であるから、
その時その時を大事にしよう。

最後に名訳の続きを記して終わりとする。

サヨナラだけが人生ならば  また来る春はなんだろう
遥かなる地の果てに咲いている  野の白百合はなんだろう
サヨナラだけが人生ならば  めぐりあう日はなんだろう
やさしいやさしい夕焼けと  ふたりの愛はなんだろう
サヨナラだけが人生ならば  建てた我が家はなんだろう
さみしいさみしい平原に  ともす灯はなんだろう
サヨナラだけが人生ならば  人生なんかいりません

この続きを書いた人、
それは寺山修司さんである。
[PR]
by shige_keura | 2013-09-17 22:54 |
<< 不思議と言えば不思議 ”サヨナラ”繋がり -1- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.