Top
飴の効き目は??
麻に雀ならば麻雀とくるが、扇に雀だと扇雀、
今でも大阪の人たちは、
歌舞伎界の重鎮にして人間国宝、坂田藤十郎を
2代目扇雀当時の愛称、「せんじゃくはーん」と親しみを込めて呼ぶと言う。

11月の国立劇場は通し狂言「伊賀越道中双六」
坂田藤十郎が当たり役、呉服屋十兵衛に扮し、
貫録たっぷり、時には軽妙なお芝居で満場を魅了した。
c0135543_18565460.jpg

今回は観客席を道中する特別サービス、
偶々、すぐ横を通って行ったが
12月で82歳を迎えるとは思えぬ若さに驚いた。

扇雀から雁治郎、そして坂田藤十郎へ、
若さを保ちながら芸域は熟達の度を深めてゆく。

今や、大名跡、歌舞伎界を背負う
一枚看板に相応しい存在感を見せている。
c0135543_18572632.jpg

私は東京の人間なので、余りピンとこないが
藤十郎の若い頃、即ち、中村扇雀の関西での人気は桁はずれだった。





藤十郎さんは1931年、二代目・中村雁次郎の長男として生まれた。

9歳の時に2代目・中村扇雀を襲名して初舞台、
22歳の時に250年ぶりに復活した
「曽根崎心中」のお初役が絶賛、
一躍関西歌舞伎界の大スターとなった。

尚、「曽根崎心中」のお初の公演は1,000回を越し、
未だに艶めかしいお芝居で会場を独特の雰囲気に包んでいる。

2代目扇雀の人気にあやかった商品のひとつが扇雀飴、
1925年創業の高津製菓(大阪)が1952年に
「扇雀飴」の名前で販売を開始した。

販売に当たっては、扇雀側が製作を頼んだとも、
メーカー側が扇雀の許可を願い出たとも言われているが
歌舞伎座で売り出したところ一躍大ヒット商品となった。
               (扇雀飴本舗の会社ロゴマーク)
c0135543_1858737.png

1961年高津製菓は遂に会社名を(株)扇雀飴本舗に変え、
会社のロゴも中村扇雀の屋号・成駒屋の芸紋、
寒雀の中に扇の文字を入れたものとした。
               (中村扇雀・成駒屋の芸紋)
c0135543_18583425.jpg

嘘か誠か? 甚だ疑わしい所でもあるが
この飴は一部の高齢者に評判が良いとの話もある。

何故なら、坂田藤十郎(2代目扇雀)が
すこぶる男としてお盛んな為だ。

彼が70歳を過ぎた頃の話だが、
京都で馴染みの舞妓さんと
某ホテルで滞在した所をフォーカスされた事が或る。

後日の記者会見、破顔一笑こう言ってのけた。

「自分が元気だということを写真で証明してもらって感謝してます。
 老けこんだら駄目! 日本の男性にはもっと頑張ってほしい」

「鰯の頭も信心から」と言う。

御同輩諸氏、扇雀飴でもおしゃぶりしてみませんか?
[PR]
by shige_keura | 2013-11-08 09:26 |
<< 先生といわれるほどの・・・・・・ 究極の珍プレー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.