Top
金沢2泊3日 -創業天保元年ー
老舗の表札を見た「旅は道連れ」の先輩が呟いた。

「これは中日、高木ドラゴンズだ」

表札には「高木竜」、確かに高木ドラゴンなのだが
金沢のドラゴンは若さあふれた昇り竜、
73歳の老いぼれ中日・高木竜と比べて貰っちゃ困る。
c0135543_20324945.jpg

何せ、こちとらの高木竜は若干33歳ながら創業天保元年(1830年)、
麹一筋の金沢名店、「高木糀店」の8代目だーー!!
c0135543_20392046.jpg

さてさて、御同輩、糀も麹も読み方は「こうじ」
その違いは何処にあるのか? お分かりかな?

諸説あるが、ハッキリしているのは次のとおりである。

「こうじ」は米・麦・大豆などの穀類から作るが
漢字としては「麹」と「糀」の二つがあり
前者は中国から伝わった漢字であり
後者、「糀」は明治時代に日本で生まれた漢字(国字)である。

又、「糀」については米麹のみを表すとの解釈もあるが
ここ、「高木糀商店」では北海道産の大豆から美味しいお味噌を作っている。
c0135543_20332464.jpg

尚、この老舗の現在の屋号は「高木麹商店」だが
店先掲げてある看板には「麹」の字が使われ、
明治以前から商いをしている歴史の古さを物語っている。
c0135543_2033548.jpg







8代目、高木竜さんは目を輝かせ言う。
c0135543_20355398.jpg

「糀は日本の食文化の要です。
 今は市内に2軒しかなくなった糀屋ですが
 雨が多く湿度が保たれる金沢は糀造りの適地、
 ならば、日本の食文化を継承していかねばならない」
c0135543_20383432.jpg

糀造りは朝が早い。
c0135543_2040862.jpg

外は漆黒の闇の朝4時、
金沢市より指定保存建築物とされている店内では
若夫婦とご両親4人の作業が始まる。
c0135543_20411383.jpg

辛く厳しいお仕事が、
名前の通りの”米の花”、純白の「糀」を生む。
c0135543_20364760.jpg

若き竜と奥様の御健闘を切にお祈りする次第である。
c0135543_20373490.jpg

いつものように、米麹と甘酒、
そしてこの季節限定の蕪の漬物を購入した。
c0135543_20375538.jpg

何故、麹商店に蕪の漬物かと言うと
金沢の季節の風物詩が「かぶら鮨」、
この名物を作るには新鮮なブリ、と甘味の或る蕪、
そして、芳醇な麹味噌が必要になるわけである。
c0135543_2047532.jpg

つまり、かぶら鮨は「高木麹商店」
季節限定の特別商品であり、
そこから、副産物とは言え、美味しい蕪の漬物が生まれる。

店をあとにする時、
背後から「又、どうぞいらしてください」
カップルの明るい声がかかった。
[PR]
by shige_keura | 2014-01-31 10:54 |
<< 不思議な声、不思議な顔 金沢2泊3日 -名茶・銘菓ー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.