Top
ホテルの居心地
イタリア映画「はじまりは5つ星ホテルから」を観た。

題名に対する文句はひとまず置いといて、
この作品には7軒の5つ星ホテルが登場する。

場所はパリ、ベルリン、スイスのグシュタ-ド、
モロッコのマラケッシュ、上海等々、
規模的に大きなホテルばかりの様だ。

登場ホテルは、私が滞在したことが無いホテルばかりだが、
パリのクリヨンは日本から来たお偉方の随行で
ロビーまでは入ったことはある。

又、シンデレラの夢の城を思い起こさせる
グシュタ-ド・パレスホテルを仰ぎ見つつ
心地よいアルプスの散歩を楽しんだ事もあった。

               (パリのホテル・クリヨン)
c0135543_1705143.jpg

両ホテルは共に流石5つ星、
我こそはスーペリア-・ラクジャリ-、
その存在感は群を抜いている。
               (スイス中央アルプス、グスタ-ド・パレス・ホテル)
c0135543_1711621.jpg

それでは、このホテルに泊まりたいか?

もしもタダで泊まれるならば、「そりゃ結構毛だらけ」となるが
だからと言って余り気持ちは昂ぶらないと思う。

何と言ったらよいのか、難しところなのだが
周囲をあたかも睥睨するかの雰囲気に馴染めない。

更に言ってしまえば大規模な超高級ホテルの場合
たしかに部屋の居心地は素晴らしいとは思うが
それに引き換え、食事が期待外れとなることが多いのだ。






欧州滞在時バカンスに良く利用したのが「シャト-・ホテル」である。

シャト-と言えば城と訳すのかもしれぬが
この場合は城と言うよりも昔の邸宅と言った方が良いだろう。

フランス、イタリアの田舎町には
その土地の領主・名士の立派なお屋敷、
或いは教会・寺院を改造し、ホテルとしている所が多い。

5つ星ホテルに比べれば、規模は遥かに小さいが
そのぶん、家庭的で温かいサービスを享受できる。

そして、何と言っても素晴らしいのが
大規模ホテルでは味わえぬ食事の素晴らしさである。
               (仏・プロヴァンスの「ボ-マニエ-ル」)
c0135543_174425.jpg

目の前の海で取れた新鮮な魚介、
山で収穫した野鳥やキノコ、
そして自家菜園の瑞々しい野采の数々、
本物の食材が目の前に並んだ時の胸のときめき!!

朝はテラスの食事、プールサイドの昼食に喉の渇きをいやす飲み物、
松明に揺れる鬱蒼とした森を見ながらの夕食、
一日の時の流れはあくまでも緩やか、
この「ゆったり感!」にこそ、本当のバカンスの値打ちがある。
               (マルセイユの「プティ・ニース」ホテル)
c0135543_11221160.jpg

赤いポピーが咲き乱れるフランスのプロバンス、
ヒマワリに埋め尽くされたイタリア・トスカーナの丘陵、
欧州の田舎町を巡る旅を思い起こしながら
「はじまりは5つ星ホテルから」のホテルと比較した。
c0135543_17211822.jpg

尚、この映画のオリジナルタイトルは「Viaggio Sola」
日本語で言えば「ひとり旅」である。

映画を見ればすぐわかるが、
この作品は、邦題とは何の関係もない。

映画の訴えている所は、
中年女性の過去・現在そして未来に向かう「ひとり旅」なのだ。

今回も私に言わせれば、この日本語題名は落第!

もしも私が映画配給会社のタイトル命名者ならばどうする?

日本人のメンタリティを当然意識しながら
映画の伝えたい所をタイトルに凝縮する。

例えば、「ひとり旅・星は幾つ?」
「ひとり旅に心は揺れて」、「旅の行きつく先には」
どれも、陳腐感は否めず! 難しい!!

肝心の映画の評価だが、
なかなか良くできて面白かったが
欲を言えば、編集段階での一工夫が欲しかった。
[PR]
by shige_keura | 2014-03-16 21:41 |
<< 見の辛さよ、難しさよ! ネーミング東西 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.