Top
気がつけば9月 ・・・久しぶりの忍野八海・・・
或る程度予想はしていたことだが、
数十年ぶりに訪れた「忍野八海」、
昔の面影を留めていたのは水車のみ、
今や、完全に観光化され、かつての風情はどこにも見られなかった。
c0135543_858538.jpg


c0135543_8573599.jpg

何故わざわざ、人ごみに出かけたかであるが、
偶々、最近になって、ここに美味しいブドウとモモの
産地直送店を見つけた為である。
c0135543_8583923.jpg

山梨と言えば、ブドウではあるが、
本場は勝沼であり、山中湖から1時間以上、
1回はお馴染み「金盛園」を訪れるのだが
そうたびたび出かけるには億劫だ。
               (勝沼の「金盛園」)
c0135543_8592510.jpg


c0135543_8593660.jpg

c0135543_901651.jpg

何とか近場で手に入ることが出来ぬかと手を尽くしたところ
漸く、農協の人から、ここの店を紹介してもらった。







店の裏手が忍野八海に繋がっている。
c0135543_92468.jpg

忍野八海とは、ここ忍野村にある湧水群、
富士山の雪どけ水が、地下の溶岩の間を縫って
約20年の歳月をかけて濾過されて
湧水となって8カ所の泉を形成している。
c0135543_931875.jpg

英語では”Springs of Mt. Fuji”、
国指定の全国名水100選に選ばれている事は勿論、
富士世界文化遺産のメンバーともなっている。

泉のすぐ横を流れる小川の散策は
人影もなく空気もすこぶる清らかで気持ちが良い。
c0135543_20571898.jpg

泉に近づくにつれて人影が増してくる。
c0135543_20563223.jpg

泉そのものはあくまでも澄み渡り
泉の奥底に見える魚影の姿は神秘的でさえある。

しかし、ひとたび周囲を見渡せば、人・人・人・
日本の観光地の光景が広がっている。
c0135543_20575428.jpg

早々に退散し、深山の趣のある小鳥のカフェ「あみん」で
自然と小鳥の鳴き声でとともに
ここの名物、壺やきシチューを味わった。
c0135543_20583546.jpg


c0135543_2104283.jpg

向かいの木の洞にはムササビが睡眠中、
残念ながら御得意の空中滑空は想像の世界、
それでも、森林浴とともに安らぎの一時を過ごした。
[PR]
by shige_keura | 2014-09-09 21:02 |
<< 気がつけば9月 ・・・秋の七草・・・ 気がつけば9月 ・・避暑地、独... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.