Top
二本立て  -不思議な瞳-
狂ったように忙しかった9月そして10月初旬、
ブログは全く手つかづのまま1ヵ月半が過ぎた。

漸く、爺にとっての大仕事が終わり、ほっと一息、
早速向かったのは六本木ヒルズの映画館、
お目当てはクリント・イーストウッドの「ジャージー・ボーイズ」だ。
c0135543_17352913.jpg

しかし、家を出た時点で、
まさか、映画館をはしごして二本立て鑑賞になるとは・・・・・。

「ジャージー・ボーイズ」とは
1960年代中期に世界的規模で成功したロック・バンド
「フォーシーズン」のメンバーの物語だ。

若者のロックバンドには当然のことながら
意見の相違、方向の違いから仲違えが出てくる。

吾々にとっては懐かしい音楽が流れる中
若者たちの音楽に賭ける夢を
イーストウッドは時には郷愁を込めながらも
しっかりと現実を見据えて素晴らしい娯楽作品に仕立て上げた。

映画のハイライトは、1967年に大ヒットした
「君の瞳に恋してる」(Can't Take My Eyes Off Of You)の誕生である。

歌と映画の素晴らしさもさることながら、
この作品で私は奇妙に因縁めいた気分を味わうことになった。





この歌を最初に知ったのは、
1978年に公開された「ディア・ハンター」(The Deer Hunter)である。
c0135543_17361471.jpg

この映画の主題歌は「カヴァティーナ」なのだが
劇中に効果的に「君の瞳に恋してる」が使われてた。

本作品はヴェトナム戦争に参戦した友人3名が
それぞれ精神的に深い傷を負い
共に楽しく過ごした若者の輝きを全く喪失してしまう物語。

               (左・クリストファー・ウォ-ケン、右・ロバート・デ・ニ-ロ)
c0135543_17365283.jpg

映画の前半部分の輝ける時代を象徴するかのように
使われたのが「君の瞳に恋してる」であり
後半、ヴェトナムで繰り広げられる戦場の惨状、
筋の暗転との対比として見事な効果をあげていた。

主役・ロバート・デ・ニ-ロも素晴らしかったのだが
忘れられぬ俳優となったのがクリストファー・ウォーケン、
アカデミー助演男優賞獲得に相応しい
鬼気迫る演技を見せてくれた。

戦争で精神を破壊された男、
その瞳は時には虚ろを彷い、時には狂気に燃えるている。
c0135543_173722100.jpg

ヴェトナム戦後もアメリカには帰らず、
ただただ、死に急ごうとしているのか、
サイゴンの暗闇でロシアン・ルーレットに興じる。
c0135543_1737495.jpg

自らのこめかみに当てた拳銃、
瞳は恐怖と死を願う虚ろな心が交錯している。

一発の銃声で彼の願いは遂げられた?

アメリカから漸く彼を訪ねあてた親友(ロバート・デ・ニ-ロ)は
その悲惨な状況の影響で心に深く傷を負う。

帰国後、大好きな鹿狩り(ディア・ハンティング)に出かけた彼、
目の前を通り過ぎる鹿に対し、引き金が引けなくなってしまう。
c0135543_17384125.jpg

マイケル・チミノ監督、渾身の傑作である。

その、クリストファー・ウォ-ケンが
「ジャージー・ボーイズ」に重要な役どころで参加している。

今や71歳となったウォ-ケンだが
その謎めいた瞳はいまだに健在だ。

しかし、そのミステリアスな瞳は
「ディア・ハンター」から35年経過した
時の流れを象徴するかのように静かだった。
c0135543_1739275.jpg

「君の瞳に恋してる」、
”Can't Take My Eyes Off of You”、
直訳すれば、「貴方から目をそらす事が出来ない」、
これは、まさにクリストファー・ウォ-ケンのことを意味しているようだった。
[PR]
by shige_keura | 2014-10-27 08:35 |
<< 二本立て  -早すぎる死ー 気がつけば9月 ・・・秋の七草・・・ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.