Top
黄葉の誘い
又の名を「生きた化石」、
即ち親戚は全て絶滅し、一種で唯一残っているイチョウは
中国原産ではあるがわが国で最も親しまれている樹木の一つだ。。

その理由は大気汚染に強いということ、
そして耐火性に優れているので防災面にも心強いというわけだ。

従って、イチョウは東京都、大阪府、神奈川県のシンボル・ツリー、
更には全国60近くの市町村の木としてして指定されている。

さて、イチョウの漢字は三種類あるが
全てをお書きできる方は御同輩でも少ないのではないだろうか。

最も一般的なのは「銀杏」であるが
一般的に「銀杏」は実の事を指し、
木の場合は「銀杏の木」と言っている事が多い。

「銀杏」の由来は、実が杏に似ているのと
殻そのものは銀白色をしている所から来ている。

次が「公孫樹」、中国から伝えられた名前だが
植樹してから成長が遅く、実が食べられるのは
孫の代になってからという意味が込められている。
c0135543_1082345.jpg

最後が「鴨脚樹」、これも中国の呼び名だが
葉っぱの形がアヒルの水かきに似ているので
「鴨脚」、中国読みの”イチャオ”、”ヤ―チャオ”が
日本では”イチョウ”と呼ばれるようになった。
c0135543_108558.jpg

c0135543_1092088.jpg








11月13日、朝のテレビ画面に
美しいイチョウの黄葉が映し出された。
c0135543_10101299.jpg

場所は「光が丘公園」今が見ごろと言う。

「光が丘公園」???一体何処にあるんだ???

場所は練馬区、発達した地下鉄網の恩恵で
大江戸線で行けばさほど遠くない。

道を聞いたお巡りさん、ニコニコと嬉しそうに教えてくれた。

「テレビで観たのではないですか、
 今日はそんな方ばかりです」

NHKの効果絶大なるものがある。
c0135543_10174988.jpg

150mほどの並木道は、まさに今が黄葉真っ盛り、
陽を浴びてキラキラと黄金色に輝き美しい。
c0135543_10184066.jpg

c0135543_10191836.jpg

c0135543_10195439.jpg

このまま真っすぐ帰るのも惜しい。

イチョウ並木と言えば神宮外苑、
今日は黄葉見物のハシゴといってみよう。

黄葉には一足早かったが
ここ、外苑前のイチョウ並木は風格が違う。
c0135543_10244774.jpg

c0135543_10251864.jpg

c0135543_10255193.jpg

c0135543_10262323.jpg

国道246(青山通り)から聖徳絵画館まで
300mのイチョウの並木道、植樹は大正12年(1923)、
青山通りに近いイチョウは背が高く
絵画館に向かうに従って背が徐々に低くなる。
c0135543_10281318.jpg

即ち、遠近法の技法を使って
300mの距離が見た目ではもっと遠く、
遥かかなたに絵画館がそびえているように見えるのだ。

本日は全く趣の違った黄葉を楽しんだ。

そろそろ、初冬の風が身に沁みる時刻、
今日は鍋もので身体を温めるか。
[PR]
by shige_keura | 2014-11-19 10:32 |
<< イチョウも迷惑 パエリアのこと >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.