Top
ブロードウエイが運ぶ青春の女神
1月11日の成人の日、渋谷ヒカリエの「シアター・オーブ」で鑑賞したのが
”NEW YEAR’S MUSICAL CONCERT 2016“である。
c0135543_1545676.jpg

今日の相方は成人式まではまだまだ程遠い孫、
まことに奇妙な取り合わせ,
”THE ODD COUPLE“の誕生である。

カップル誕生の背景は省くが、
二人の共通点は何と言っても映画、
ならば本日の公演は誠に楽しみである。

何故ならば、公演でカバーするナンバーは
ミュージカルファンならば知らない人はいない、
ロジャーズ&ハマースタイン、レナード・バーンスタイン、
コール・ポーター、アーヴィング・バーリン等。

一世を風靡した音楽界の大御所たちの傑作を
ブロードウエイをはじめ、ウエストエンド、パリで活躍する
5人の男女が次々と歌いまくるという
贅沢極まりない趣向であるからだ。
c0135543_1633025.jpg

男性が3人、「オペラ座の怪人」のファントム役2,000回を超え
最多出演を誇るハワード・マクギリン、
「ノートルダム・ド・パリ」の主役、カジモトを
ライフワークとして活躍しているマット・ローラン、
そして「レ・ミゼラブル」の主役・ジャン・バルジャンを
英語とフランス語でこなせる稀有の存在ロベール・マリアン。

               (左から、ロベール・マリアン、レイチェル・タッカー、
                ハワード・マクギリン、ローラ・オズネス、マット・ローラン)
c0135543_1645513.jpg

女性は二人、まずは2009年「南太平洋」の主役でデビューし
世間をアッと言わせたミネソタのヤンキーギャル、ローラ・オズネス、
アイルランド出身のレイチェル・タッカーは
「アイ・ウイル・ロック・ユー」、「ウイキッド」等で活躍の実力派女優である。

公演は9日から本11日までのわずか3日間、
大入り満員の場内は開演前から熱気が渦巻いている。







「キス・ミー・ケイト」で幕が上がって3曲目に出たぞ! 「魅惑の宵」だ。
c0135543_1684650.jpg

「魅惑の宵」は“Some Enchanted Evening”
ならば映画・「南太平洋」とくれば、ミス・ネリー・フォーブッシュ
演じるはミッチー・ゲイナー、我が青春時代の女神である。
c0135543_16103713.jpg

1958年、「南太平洋」日本公開を前に
意を決した私、中学2年の分際で
ミッチー・ゲイナー様にファンレターを出した。

勿論英語の体裁は取っているが、
今では思い出すのも恥ずかしい稚拙な内容である。

当たり前だ、誰にも教わることなく内緒で
苦心惨憺して仕上げたファンレターでありラブレターである。

約2か月後、憧れの女神さま、ミッチーから返事が来た!
c0135543_16305327.jpg

友達に自慢気に口を滑らせた3日後には
学年中に広まり大騒ぎとなった。

以降、エリザベス・テーラー、デボラ・カー等、
ハリウッドの人気女優にファンレターを出すのが流行ったものだった。

しかし、なんとませた餓鬼であったことか。

画面狭しと躍動するミッチーが脳裏に浮かんでいるうちに
曲は「虹の彼方に」「雨に唄えば」「サウンド・オブ・ミュージック」
「キャバレー」と嬉しくなるほどの懐かしいメロディが続く。

5人の圧倒的な声量と爽やかで伸びのある歌声、
世界のひのき舞台、ブロードウエイで鍛えられたプロ中のプロ、
とてもじゃないが日本人では太刀打ちできまい。
               (ミッチー・ゲイナーのネリー・フォーブッシュ
                1958年、映画「南太平洋」)
c0135543_16202933.jpg

隣の孫も、時にはオペラ・グラスを駆使し
一心不乱に舞台に見入っている。
               (ローラ・オズネスのネリー・フォーブッシュ
                2009年のブロードウエイ舞台公演時)
c0135543_1622344.jpg

休憩をはさみ3時間、至福の舞台は「レ・ミゼラブル」で幕を閉じた。

と思いきや、幕が再び上がってスペシャル・ボーナス・ソング、
アーヴィング・バーリンによる”There is no business like show business”。

これは1946年のブロードウエイ公演、
「アニーよ銃を取れ」で最初に紹介されたものだ。
c0135543_16143461.jpg

しかし、私には1955年、日本で公開された映画、
「ショーほど素敵な商売はない」となる。

何故なら、この作品はミッチーの日本初登場映画、
その後、彼女はジーン・ケリーと1957年の「魅惑の巴里」で共演し、
私の絶対的女神として崇めたてる存在となった。

               (左から、エセル・マーマン、ダン・デイリー、ミッチー・ゲイナー
                     ドナルド・オコナ-、マリリン・モンロー
                尚、エセル・マーマンは1946年、「アニーよ銃を取れ」の主役)
c0135543_16154141.jpg

「ショーほど素敵な商売はない」の主役は
マリリン・モンローであり、彼女は
ミッチーと比べ人気度は遥か上であったが
歌と踊りに関しては女神が断然だったと
思っているのは贔屓目であったのだろうか?

そんなことは無い筈だ。

本日は青春の女神に、一度ならず二度までもお目にかかり
何とも堪えられぬ一日となった。
c0135543_16192367.jpg

帰りがけに孫と一緒に味わった
ピエール・マルコリーニのチョコレート・ソフトアイスクリーム、
何とも素晴らしい味であったことか。
c0135543_18541394.jpg

"Some enchanted evening,
You may see a stranger・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Once you have found her,
Never let her go!”
[PR]
by shige_keura | 2016-01-16 18:55 |
<< 郷愁のスパイ映画 -前篇- 猿と狐と狛犬と >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.