Top
郷愁のスパイ映画 -後編-
21世紀のナポレオン・ソロとイリヤ・クリヤキン、
彼らの活躍や如何に。

今回の映画化に当たり、
製作会社は思い切った定石破りの手法を試みた。

それは主人公の活躍した時代を
かつての東西冷戦下に巻き戻したのである。

「007」、「ミッション・インポッシブル」等の新作は
時代に合わせて秘密兵器、ハイテク装備、自動車等の小道具を進化させている。
c0135543_1630164.jpg

つまり、ショーン・コネリーの初代ボンドが
登場した背景にあるのが東西冷戦、
緊張を背景としながらもボンドにはある種のゆとりが見えた。

一方、当代007・ダニエル・クレイグは
多様化、混迷化を深める現代を背景に
傷だらけになって働きに働くワーカホリックと化している。
c0135543_16302652.jpg

「コードネーム U.N.C.L.E」は
私の懐かしい青春時代にタイムスリップさせてくれた。

映画のソロはアメリカ・CIA、相棒のイリヤはソ連のK.G.B所属、
本来ならば宿敵同士である。

しかし、世界を破滅へと追い込む核兵器製造ノウハウ流出を防ぐべく、
二人は相手を胡散臭く思いながらも
U.N.C.L.Eの指令で腕を携えて行動する。
c0135543_16242770.jpg

尚、U.N.C.L.Eとは正式名称が
United Network Command for Law and Enforcement,
本部をニューヨークの国連本部のそばに置く、
悪の組織を成敗する法執行機関で
米・ソをはじめ当時の世界主要国が加盟している。

言っておくが、これは架空の組織である。




監督のガイ・リッチーはヒット作「シャーロック・ホームズ」で
ホームズとワトソンのコンビを上手く描いた腕が
この作品でも如何なく生かされている。
c0135543_16372137.jpg

ソロ役を演じるのはヘンリー・カヴィル、
「マン・オブ・スティール」でスーパーマン役を演じただけに
テレビ版ソロのロバート・ヴォ-ンに比べると
腕力では数段優っているように思える。

しかしながら、金庫破りを得意とした凄腕の男だが、
実はお人好しで女にはからきし弱いソロを見事に捉えている。

イリヤ役は「ローン・レンジャー」を演じたアーミー・ハマーなので
一見してソロ以上にテレビ版との違和感が強い。

ただ、映画でのイリヤの設定が
チェスの名手にして柔道4段でサンボ大会の優勝者、
しかし父のコンプレックスを持つ情緒不安定な男なのだから
新たなキャラクターとして受け入れるしかない。

最も面白いのはテレビでは登場してこなかった女性、
ドイツ人科学者の娘、ギャビーを演じるアリシア・ビガンダーである。
c0135543_16381541.jpg

決して美人とは言えぬが
当時の人気ファッションモデル・トゥイギーとも
人気アニメ「ルパン3世」の不二子を思わせる
不思議な魅力を発散させていく。
c0135543_16383748.jpg

さて、この作品でもう一人大物俳優が出演している。

彼の名前はヒュー・グラント、
ソロとイリヤの上司課長である
アレキサンダー・ウエイバリーとして出演しているのだが、
これはミスキャストである。
c0135543_16395323.jpg

テレビの「0011 ナポレオン・ソロ」人気の要因のひとつが
レオ・G・キャロル演じたウエイバリーであることは間違いない。

ウエイバリーの悠々迫らず、貫録十分な存在感が
このシリーズを引き締めているのだが、
この役はまさにレオ・G・キャロルのはまり役なのだ。

何しろ彼はヒッチコックに気に入られて
ハリウッドで彼の手がけた作品に最多登場(6作品)している。

特に、ヒッチコックの最高傑作のひとつ、「北々西に進路を取れ」では
主人公のロジャー・ソーンヒル(ケイリ-・グラント演)を助ける
秘密情報部の要人として出演している。
c0135543_16405850.jpg

ならば、ナポレオン・ソロの上役、
ウエイバリーにうってつけの俳優なのだ。

時にレオ・G・キャロル72歳の時のことなので、
ヒュー・グラントの56歳では貫禄が違いすぎる。

ここでの適役はすでに映画界を引退してしまったが
ショーン・コネリーにお願いするほかはない。
c0135543_8531394.jpg

無い物ねだりが実現すれば
アッと驚くヒット作になったことは間違いない。
c0135543_1642685.jpg

映画の主な舞台となったのがローマ、
懐かしい街並みが沢山登場するのも嬉しい。

最後の場面は旧市街を見下ろす瀟洒なホテルのテラス、
前のテーブルに置かれているのがジョニー・ウオーカー黒ラベル、
1960年代初頭、酒党にとって垂涎の高級ブランドだ。

降り注ぐ陽光、主役3人の会話の中に
続編の気配がひしひしと伝わり期待が盛り上がる。
c0135543_1643387.jpg

郷愁の香り豊かな映画に懐かしい街並み。

誰かのセリフじゃないが、
「やー、映画って本当に面白いもんですねー!!」。
[PR]
by shige_keura | 2016-01-20 08:47 |
<< 聖牛が作る酒 郷愁のスパイ映画 -前篇- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.