Top
牡蠣はフライ! フライには・・・
地球温暖化が進む中で、時ならぬ寒波が襲い、
特に雪に不慣れな西日本に甚大な被害をもたらせた。

太平洋岸はとみると、
寒く乾燥すればインフルエンザが猛威を振るい、
暖かくなれば花粉が飛び交う。

誰かのセリフではないが「とかくこの世は住みにくい」、
寒くも暑くも極端な気候が顕著となってきた。

さて、冬の食材様々あるが
代表格のひとつが牡蠣であろう。

冬の食卓を彩る牡蠣の食べ方は色々あるが、
私的には最も好きなのがフライであり、
全く魅力を感じないのが牡蠣鍋である。
c0135543_8492574.jpg

寒い冬の夕食には鍋を囲む風景が相応しいのとは思うものの、
鍋の欠点は主役本来の味を劣化させてしまうことだ。

例えば「ふぐちり」、これは最後のふぐ雑炊を楽しむために
鍋の中のふぐを感動もせずに淡々と食べている気がする。

「鶏の水炊き」にせよ「すき焼き」にせよ、
肉の旨味は鍋の中に落ち、
そのお蔭で野菜・豆腐等は美味しく味わえるが
鶏肉、牛肉の本来の味は楽しめない。

「牡蠣鍋」は更に始末が悪い。

なぜなら、牡蠣そのものの味も落ちる上に
鍋の同居人(野菜・豆腐等)の味は格別美味しくはならない。

従って、我が家では相当年数、
牡蠣鍋にはお目にかかっていない。

牡蠣は何と言ってもフライが一番であると信じて疑わぬ。

それでは「牡蠣フライ」に合う飲み物を考えるとき、
決まって、50年ほど前のある光景を思い出す。






そのとき、私は北に向かう夜行列車に一人で乗っていた。
c0135543_8504318.jpg

場所は食堂車、ビールを飲んだことは覚えているが
自分で何を食べたのか?さっぱり覚えていない。
c0135543_8511283.jpg

覚えているのは、少し時間が経過した後で、
斜め前に座った上品なお年寄りの一挙一投足だった。

年配の紳士が先ず注文したのが「牡蠣フライ」だった。

私は思った「そうか、この線は三陸海岸と上野を繋いでいるのだから
新鮮な牡蠣をたくさん積んでるに違いない。
僕も同じにすればよかったな」。

少し後悔しあとで、彼の注文に虚を突かれた。

「冷酒を一緒に持ってきてください」。

それまで牡蠣、トンカツ等、フライのお供に
日本酒の概念は全くなかったので
彼の注文は新鮮な驚きだった。

ふくっらと揚げ上がった牡蠣、
サクッと衣の剥がれる音が聞こえるようだ。

ときおり、冷酒を口に運び、満足げな面持ちながら
端然とした姿勢は崩さない。

この素敵な食べっぷりに感化され
以来、機会があれば牡蠣フライには冷酒で楽しんでいる。

ただ、口惜しいのは、己が食べっぷり。

相変わらずガツガツ食べる吾であり、
あのときのご老人の足元にも及ばない。

さて、揚げ物に日本酒、
てんぷらの場合を考えれば当然なのだが、
フライの場合は少し異なるように思える。

自分の好みは天ぷらは燗酒、牡蠣フライは冷酒が合う。

しからば、トンカツは何が良いのかと言うと、
これは「ハイボール」が最も好ましい。

このように、酒飲みとは、食材とお供の組み合わせには、
とかく薀蓄を垂れるものなのだ。
c0135543_8524721.jpg

今日の牡蠣フライに合わせた冷酒は、
金沢の名店「福光屋」の初しぼり純米吟醸酒、
ラベルには私の干支でもある猿が枝にぶら下がっている。
c0135543_8531716.jpg

今年も枝から落ちぬように健康で楽しく
そして「のほほんと」過ごせたらと願う。
c0135543_8542928.jpg

[PR]
by shige_keura | 2016-01-27 23:24 |
<< ぶらり人形町 -朝昼晩三千両の... 大国の行方? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.