Top
九州6泊7日 -歌舞伎と大相撲-
3月18日から24日までの6泊7日、
変化にとんだ九州旅行を楽しんだ。

夫婦で空路、福岡へ、
そこから太宰府天満宮経由、電車で長崎。

半日後、スタディ・ツアーに合流し
軍艦島、五島列島を巡り長崎に戻る。

バスで雲仙温泉経由し島原でツアーから離れ
フェリーで熊本へ、
そこからは単独行動で旧友と落ち合い
熊本と人吉を回るというのが大ざっぱな行程だ。

初日は太宰府天満宮、
学問・至誠・書道の神様とされている藤原道真をお祀りしている神社で
毎年、全国津々浦々から役700万人の人が参詣に訪れると言う。

道真は承和12年(845)生まれで
若くして学問御才能を発揮し右大臣として活躍するが
政略によって京都から太宰府に左遷され当地で58歳の生涯を終えた。
c0135543_17281524.jpg

折からの雨模様、いまさら学問の神様にお祈りに来ても無駄であると
道真公が嘆き悲しむ涙雨なのだろうか。

入り口の右手には有名な句碑が建っている。
c0135543_17284828.jpg

「東風ふかば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘るな」。
c0135543_17291819.jpg

道真が京都を追われるときに謳ったもので、
「梅の木よ、春風が吹いたら梅の香りを太宰府に届けておくれ。
主人である私が居ないからと言って春を忘れてはならぬぞ」との想いが込められている。

本殿の右側にあるのが神木の飛梅
主人を慕って京都から飛んできたことが名前の由来だ。
c0135543_1730899.jpg

天満宮の梅では最も早く花を咲かせるので
今回はすでに散ってしまった後だった。
c0135543_17304457.jpg

太宰府はかつて京都と北の平泉と並び
日本の三大文化圏を形成し栄華を誇ったところ。

大宰府政庁跡を見ると堂々たる敷地であり
その昔の繁栄が容易に推察される。

しかし、京都から見れば太宰府は田舎も田舎、
道真ならずとも左遷の悲哀の想いが強くこみあげてくるのだろうか?





c0135543_17311411.jpg

天満宮入口に灯籠が二つ、
ひとつは東京歌舞伎座俳優寄進、
もう一方は東京大相撲協会から寄進されている。
c0135543_17315415.jpg

歌舞伎とお相撲、日本の伝統を表す両者と天満宮は深くかかわっている。

人形浄瑠璃、歌舞伎の人気演目のひとつが「菅原伝授手習鑑」であり、
主人公である菅丞相(菅原道真)が筆法の奥儀を伝える内容である。

菅原道真は空海と小野東風と並び「書の三聖」と称され、
ここ、天満宮には筆塚が建立されている。
c0135543_1732283.jpg

又、この演目には重要な三つ子が登場するが
名前が松王丸、梅王丸、桜丸、
道真が京都に暮らしているときに
こよなく愛でていた三本の木々である。

これは道真が詠んだ歌
「梅は飛び、桜は散るる世の中に、
 何とて松のつれなからるらん」からのものである。

すなわち、梅は遥か京都から飛んできた。
桜は嘆き悲しんで枯れ果ててしまった。
なのに、松はどうして、敵の藤原時平に
ついてしまったのだろうかと詠んでいる。

神社裏にあるのが「野見宿弥公碑」の墳墓。
c0135543_1732543.jpg

野見宿祢は日本書紀にも出てくる
出雲出身の勇士であり相撲の始祖とされている人物である。
c0135543_17332569.jpg

参道の両側には名物の「梅ヶ枝餅」を売る店がひしめき合って
普通ならばどこに入ってよいか迷うところだ。
c0135543_17335514.jpg


c0135543_17342492.jpg

今日は事前に観光案内所で対応してくれた
親切な女性の味覚を信じて
二つの店の「梅ヶ枝」を頬張りながら
長崎に行く電車に乗る為「二日市」に向かった。
[PR]
by shige_keura | 2016-03-31 08:52 |
<< 九州6泊7日 -長崎・名刹二寺- 奇跡の人逝く >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.