Top
九州6泊7日 -異国情緒-
長崎で異国情緒を味わう場所のひとつとして
名前が挙がるのが「唐人屋敷」である。

「唐人屋敷」とは江戸時代の鎖国政策で
長崎に作られた中国人の居住区のことを言う。

1635年、江戸幕府は中国商船の入港を長崎だけに限定するが
キリスト教徒ではない中国人は長崎のどこでも住むことを許された。

しかしながらその後、1680年代に入り
中国人の渡航が急増し密貿易も横行したこともあって
幕府は中国人の居住区を特定の場所に限定することとした。

こうして1689年、当時の幕府所有の薬園地にできたのが唐人屋敷である。

オランダ人が住む出島に比べると取り締まりは緩やかだったとはいえ
出入り口に番所が設けられ唐人の単独外出は許されなかった。

敷地内には数十棟の長屋が建ち並び
多い時には約2,000人の唐人が生活していたという。
c0135543_11282379.jpg

1859年、日本開国を機に唐人屋敷から多くの人々が離れ
敷地は荒れ果て1868年に解体、179年の歴史の幕を閉じた。
c0135543_11305031.jpg

現在は当時の面影を残す4つの建物が残っている。
c0135543_11311969.jpg

土神堂
c0135543_11314871.jpg

1691年唐人屋敷内に滞在していた船主たちの願いで
この敷地内に最初に作られたお堂。
c0135543_11323152.jpg

天后堂
c0135543_11332818.jpg

海の守り神、女神「媽祖様」を祀るために
1736年南京地方の唐船主たちによって建立されたお堂。
c0135543_11335451.jpg

観音堂
c0135543_11342889.jpg

1737年に福建出身の唐船主によって建立されたと伝えられている。
c0135543_1134544.jpg

福建会館天后堂
c0135543_11352644.jpg

唐人屋敷が解体されたのちに、1868年、
福建省出身の貿易商たちの会合の場として設けられた。
ここにも「媽祖様」が祀られており、
ランタンフェスティバルの時には、
ここから興福寺に運ばれていく。
c0135543_11355528.jpg

緩やかな坂に今でも残る異国情緒たっぷりの
唐人屋敷散策も、また楽しからずや。
c0135543_11363461.jpg

[PR]
by shige_keura | 2016-04-04 12:53 |
<< 九州6泊7日 -007の島の保... 九州6泊7日 -長崎料理と言えば- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.