Top
早春の熱海 ~梅は咲いたか・・・・~
「梅は咲いたか、桜は未だかいな、
 柳ゃ、なよなよ風次第、山吹は浮気で色ばかり
 しょんがいなー、しょんがいな」

江戸時代、お座敷で流行った端唄、
「しょんがえ節」の一節である。

お座敷で好まれたものだけに
芸妓さんを花にたとえている。

梅は若い芸妓、桜はちょいと年増の姐さん、
柳は移り気芸者、山吹は実を結ばない浮気な芸妓となる。

又、季節の到来も意味しているのは
梅が咲いたけど、桜は未だだろうなの文句でも明らかである。

この画像は今年の1月19日熱海梅園前、
何と!既に桜は満開である。
c0135543_2192782.jpg

梅園の梅は木の種類によっても違うが全体的に七、八分咲き。

ということは、熱海では
「桜は咲いたが、梅はまだかいな」となってしまう。
c0135543_21111859.jpg

この桜は1965年熱海桜と命名され、
その後1977年に熱海市の木に指定され、
日本で一番早く開花を迎える桜である。

この桜はインドが原産で
日本に入ってきたのは明治4年ごろに訪れた
イタリア人によってとされている。

花弁が濃いピンク色で花が大きいのが特徴であり、
寒緋桜と山桜の雑種とされている。
c0135543_21121875.jpg

熱海梅園から坂を下り来宮神社を過ぎて
更に坂を下った市街地に流れる糸川の両側が
熱海桜の見どころである。
c0135543_21151010.jpg

花は満開、次から次へと黄緑色をしたメジロが
蜜をついばみに枝から枝へと飛び回っている。
c0135543_21154980.jpg

日本では「河津桜」が早咲きとして有名だが
実は「熱海桜」の方の開花が早く
今年は12月末に花がほころび始めた。

昨年末に花が咲き始めた桜が
今もなお満開で色鮮やかに咲き誇っているのはどういうわけか?
c0135543_21182264.jpg

通常の桜は満開時期が短く
「三日見ぬまの桜かな」という言葉も生まれているのに
熱海桜の満開が長いのは何故だろう。

その理由は一本の枝に早期に咲く花芽と
遅く出てくる花芽があるからだ。

早期に咲く花が散るのを待つように
第二弾の花芽が膨らんで花を咲かせる。

いずれにせよ、梅見は想定内だったが
思わぬ桜見物が出来るとは。
c0135543_21132928.jpg

「梅は咲いたし、桜も満開じゃ、
 ええじゃないか、ええじゃないか!」。
[PR]
by shige_keura | 2017-01-25 21:19 |
<< 早春の熱海 ~不老長寿~ 早春の熱海 ~紅白に黄色~ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.