Top
七福神めぐり
c0135543_17091892.jpg
1月7日の朝食は勿論、「七草粥」、
セリをはじめとした青菜の入った粥が腹に優しい。

ベランダから覘く空は真っ青、
「七福神めぐり」には絶好の陽気だ。

なにしろ、孫が中学お受験だから
洋の東西を問わず、神という神にはひたすら祈願となる。

「七福神めぐり」は年々盛んになっており
都内だけでも30か所以上も存在しているらしい。
c0135543_17144647.jpg
今回選んだのは、「池上七福神」、
池上線の「池上」で下車、
先ず向かったのが本門寺とは逆の方角に位置する「曹禅寺」。
c0135543_17160690.jpg
この寺は福徳、円満、忍耐を授ける
弥勒菩薩の化身とされる布袋様を祀っており、
祠の中に安置された布袋尊像が
大きな腹を抱えてにこやかな笑みを浮かべている。
c0135543_17171487.jpg
今年も布袋様のような笑顔を絶やさずに過ごせたら最高だ。
c0135543_17182921.jpg
次なるは毘沙門天を本尊として祀る「微妙庵」、
無病息災の御利益だけに、ひたすら吾らの健康を祈願する。

ここでトラブル、次の目的地探しに時間を費やし、
通りかかったお蕎麦屋さんの出前の方に尋ねた。

「あー、馬頭観音堂ね。あそこ分かりにくいんだよね。
 迷うのも無理ないよ。すぐ近くだけど、今、工事中だよ」。

工事中の観音堂には大黒天が祀られているのだが、
現在ほかのお寺に引っ越し中。
c0135543_17193361.jpg
工事中の観音堂には鍵がかかり中には入れず
庭を野良猫が我が物顔に横切り人っ気は更になし。
c0135543_17202731.jpg
ここから先は池上本門寺の敷地近くに入っていく。
c0135543_17213873.jpg
ここは「本成院」、本門寺総門前の参道に位置し、
幸福と長寿を授ける福禄寿が祀られている。
c0135543_17225072.jpg
ガラス越しに収められている福禄寿と同じような
穏やかな老人の笑みを浮かべられたら良い。

ここで、「七福神」とは関係ないのだが
すぐお隣の「理境院」を覘く。

ここは慶応3年(1867年)
官軍参謀の西郷隆盛が東征軍を率いた時の宿舎。
c0135543_17235160.jpg
更には近くには隆盛と勝海舟の対談の地「松濤園」があり
大河ドラマの恩恵で、この付近は今年ブレークするのではないか。

「七福神めぐり」の次の目的地が「厳定院」
七福神唯一の女人神の弁財天を祀ってある。
c0135543_17260319.jpg
c0135543_17245161.jpg
残りはふたつ、その一つが「妙見堂」、
池上の町を見下ろす高台にある小さなお堂は
長寿と学を授ける樹老人を祀ってある。
c0135543_17280016.jpg
孫のお受験に最も関わり合いのある神様
爺のお祈りも一際熱が入る。

尚、この神様は一般的に寿老人と表されていることが多いが
ここは樹の下で教えを説いたと伝えられていることに因み
「樹老人」の文字が書かれている。
c0135543_17290934.jpg
急な階段を下りると「養源寺」、
今回訪れた中で最も大きなお寺には
家庭円満、商売繁盛の恵比寿様と
一時的に引っ越した大黒様が祀られている。
c0135543_17301240.jpg
行程は約2時間、風が若干冷たさを増す中で
青空を背景に冬桜が満開。
c0135543_17310810.jpg
池上の寺町でお汁粉で一休み、
そのあと、梅屋敷の密かな鰻の名店「松本」に向かった。
c0135543_17320124.jpg
歩いて良し、食べて良しの一日だった。

[PR]
by shige_keura | 2018-01-11 08:58 | その他
<< 急行列車2本 初春の掘り出し物 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.