Top
急行列車2本
急行列車2本と言っても列車の名前は同じ、
歴史ある欧州の豪華長距離急行「オリエント急行」である。
c0135543_21571459.jpg
「オリエント急行」とくれば、これはもう、映画の話、
「オリエント急行殺人事件」の旧作(1974年)、新作(2017年)となる。

ただ、映画の話の前に、オリエント急行そのものと、
原作者アガサ・クリスティに触れてみたい。

「オリエント急行」は1883年、
トルコのイスタンブールとフランスのパリを結ぶ
特別長距離列車として走り始めた。

その後、起点~終点がフランスのカレー、ベルギーのオステンド、
ギリシャのアテネ、ルーマニアのブカレスト等々、鉄道網が広がったが、
今でもヨーロッパを代表する高級長距離列車だ。

推理小説「オリエント急行殺人事件」が書かれたのが1934年
舞台となる列車はシンプロン・オリエント急行で
イスタンブールを出発しトリエステ、ヴェネチア、ミラノ、
ローザンヌ、パリを経由してカレーが最終目的地となっている。
c0135543_21583266.jpg
また、この小説はミステリーの女王と言われた
アガサ・クリスティ―の14作目であり
急行列車の起点、イスタンブールの高級ホテル「ペラ・パレス」で執筆した。

今でも彼女が投宿した部屋は保存されており
数多くのファンが訪ねるという。
c0135543_21590177.jpg
「オリエント急行殺人事件」が最初に映画化されたのが1974年、
監督が「十二人の怒れる男」「女優志願」「セルピコ」「評決」等
秀作を次々と手掛けた社会派の雄、シドニー・ルメット。

そして豪華極まりのない配役が世間をあっと言わせた。
c0135543_21593253.jpg
アルバート・フィニーのエルキュール・ポアロ以下、
イングリッド・バーグマン、ショーン・コネリー、リチャード・ウイドマーク、
アンソニー・パーキンス、ローレン・バコール、ヴァネッサ・レッドグレーブ、
マイケル・ヨーク、ジャクリーン・ビセット等
とんでもない顔ぶれが勢ぞろいした。

手練れのシドニー・ルメットが名だたる人気俳優を見事に使いこなした作品は
バーグマンにアカデミー賞をもたらせ、全世界で大ヒットを記録した。

オリジナル作品(旧作)が名作であればあるほど
リメークするのはやりにくく勇気がいるものだが
現代だからこその風合いを見せた新作もなかなかに面白い。
c0135543_22000321.jpg
旧作が1974年、以来43年の月日が流れ
その間の映画の技術の進化がこの作品にまざまざと見て取ることが出来る。

その進化とは主に映像・音響であり、
この作品では通常のCGとは違って本物志向が感じられた。

モスクが立ち並ぶエキゾチックなイスタンブールを出発、
山間部に入りトンネルを抜けて雪山の世界に列車は入っていく。

観客はあたかもオリエント急行の一員になったかのように
シャンパンを飲み、美味しい食事をとりながら景色に映画に魅入られる。

勿論、このお話の主役は名探偵エルキュール・ポアロ。

アルバート・フィニーが演じた旧作のポァロを思い浮かべながら
ケネス・ブラナーが扮した名探偵を鑑賞するのも一興である。
c0135543_22004829.jpg
c0135543_22012549.jpg

旧作は当時38歳のアルバート・フィニーが
これがフィニーかと驚くほどのメーキャップで一大変身、
変人ポアロをしつこいほどのアクの強さで演じたのが印象的だった。
c0135543_22015768.jpg
一方、新作のポアロはシェークスピア俳優で有名なケネス・ブラナー、
こちらはアクの強さでは一歩譲るが、
原作にあくまでも忠実なトレードマークの髭を売り物としている。
c0135543_22023542.jpg
どちらが好きかは映画ファンの嗜好によりけりだが
私には旧作のアルバート・フィニーの方がぴたりとくる。

[PR]
by shige_keura | 2018-01-14 11:02 |
七福神めぐり >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.