Top
久方ぶりの屠蘇の味
日本のお正月

昔からお屠蘇の酌み交わしで
各家庭のお正月が始まったものだ。

これは約1,100年ほど前
嵯峨天皇が唐より送られた
屠蘇白散との名前の霊薬を
御酒に浸して用いたのがはじまりである。

今でも、1年間の邪気を払い
長寿を願って薬酒であるお屠蘇をいただき
新年のお祝いをする家庭が多いだろう。

しかし、私は味醂による甘ったるさと
各種生薬による薬臭さから
どうにもお屠蘇に馴染む事が出来なかった。
c0135543_951559.jpg

だから、屠蘇器は毎年必ず使っても
中身は清酒で誤魔化す事が
ここ30年ほど続いてきた。




それが昨年大晦日のこと、
久しぶりに屠蘇散を購入し
酒と味醂に浸したのだった。
c0135543_961828.jpg

お屠蘇復活については
さしたる理由はない。

強いて上げれば
昔の味を今味わうと
どんなものだろうか?との好奇心からである。

その結果はかなり不思議なものだった。

あの、甘ったるい妙な薬臭さは
どこに行ってしまったのだろうか!!

勿論、清酒のような飲み方は出来ぬが
すくなくとも不味くはないのである。

そして、何よりも感じたのは
お節との相性である。

このお屠蘇に含まれている薬の精か?
いつまでも腹具合がすっきりとしているのだ。

昔、不味いと思っていたものが
美味しく感じられる食材が最近多い。

お屠蘇がその仲間入りした
今年の元旦だった。

久しくお屠蘇から遠ざかっているご同輩
是非試していただきたい。

若き日の苦手意識は
どこかに消えていくだろう。
[PR]
by shige_keura | 2008-01-04 09:06 |
<< 福袋狂騒曲 二つのニューイヤーコンサート >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.