Top
巨匠と東京オリンピック
市川崑監督が先日13日に亡くなられた
享年92歳、心よりご冥福をお祈りする。

私は市川さんの作品を余り見ていないので
テレビ追悼番組、「犬神家の一族」を鑑賞した。

先ずは劇中にコマーシャルが
余りにも無神経に入ることに興を削がれた。

追悼という意味すら理解できぬ
テレビ局の鈍感さには呆れるばかりである。

しかしながら、この点を割り引いても
残念ながら褒められる出来の映画ではなかった。

黒澤明しかり、木下恵介も同様
巨匠と呼ばれた人たちの晩年の作品は
何枚も不必要に厚着を施したかのように
映画本来の面白さを隠してしまっている。

監督の作品で思い出に残るのが2本、

先ずは、最初の「ビルマの竪琴」である

安井昌二、三国連太郎等、
俳優の素晴らしさもさることながら
当時のビルマ戦線に残された
累々たる屍の山に
大きな衝撃を受けた。





もうひとつ、思い出に残っている映画、
それは、「東京オリンピック」である。
c0135543_20253960.jpg

勿論、この映画への思い入れは
アジアで初のオリンピックという
一世一代のイベントとの
相乗効果によるものに違いないのだが。

時の河野一郎オリンピック担当大臣が
「記録性に欠ける映画だ」と批判した事も
話題性に火を注ぐ効果となった。

この言葉、もしも、河野さんが本気で言ったとしたら
まわりの人たちの説明不足、怠慢だと思う。

市川崑監督が引き受けた時点で
通り一遍の記録映画とはならない事は
映画に多少詳しい人ならば明白なのである。
c0135543_20265561.gif

私はこの映画
大変面白く二度繰り返し見た。

俯瞰撮影に映し出される
豆粒の如き選手が動き回るバスケットボール、
はじめて見る競歩選手の珍しい動き、
格闘競技選手の筋肉の盛り上がりと汗の滴り、
c0135543_20295323.jpg

スローモーションによる
チャスラフスカ等の華麗な舞等々
普段では絶対に見られないカメラアングルが
新鮮で新鮮で堪らなかった。

更には勝者の歓喜、栄光だけではなく
敗者の絶望、悲嘆、
オリンピックの表と裏まで
見事に描き出していた。

人間ドラマとして
初めて描いたオリンピック記録映画
そこに我々は共感の念を覚えたのだと思う。

思えば、市川さんは当時51歳
まさに脂の乗りかかった頃だったのだ。

しかし、あのオリンピックはよかったなー!!
c0135543_20285769.jpg

前日の雨が嘘のように晴れ上がった国立競技場、
高らかなファンファーレと軽快なマーチ
胸ワクワクさせながら
テレビの画面にかじりついていたものだった。
[PR]
by shige_keura | 2008-02-25 08:50 |
<< 競馬が分りかけてきた?? 何がなんだか???? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.