Top
牡丹、紅葉に桜とくれば・・・
牡丹、紅葉そして桜、
ちょっと食にうるさい人ならば
これは鍋の話だなと思うだろう。

実にその通りで
牡丹はいのしし、紅葉は鹿
桜は馬、それぞれの肉鍋の呼び名である。

鍋物の季節は過ぎつつあるが
一方では桜の季節が近づいてきた事もあり
桜鍋を中心とした
三つの肉鍋の話題で進めたい。
c0135543_2346571.jpg

先ずは名前の由来である。

何で肉鍋に
花、紅葉等の名前をつけたのか??

これは皆様ご承知の通り
その昔は”畜生”の肉は一般的に
忌み嫌われていた。

従って、動物の名前を
そのまま使うのは
まずかろうとの事だったからである。

そこまでは、今や常識なのだが
それでは、何故に牡丹、紅葉に桜なんだ??





これについては
意外と分っているようで
誤解していたものもあり
又、正解が不明のものもある。

先ず簡単明瞭なのは
牡丹のシシ鍋だ。

これは猪、イノシシ、シシ
即ち高倉健さんの世界
”唐獅子牡丹”から来ている。
c0135543_23385870.jpg

次なるは鹿の”紅葉鍋”だ。

これは花札の10月を見れば
一目瞭然!!

そこに鹿と紅葉が描かれているから、
と、思っている人が多い。
c0135543_23395524.jpg

実は私も長らく誤解していた。

紅葉鍋の由来はそうではない、
もっと奥ゆかしいものなのだ。

花札のような鉄火遊びではなく
雅な百人一首に由来している。
c0135543_23404730.jpg

即ち、
”奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の
 声を聞く時ぞ秋は悲しき”

これが”紅葉鍋”の由来である。

こうなると、”紅葉鍋”が
今までと違って俄然格調高いものとなったろう。

難しいのが今回の主役
馬の”桜鍋”である。

次回のブログにて
桜鍋の由来、老舗の味を紹介しよう。
[PR]
by shige_keura | 2008-03-08 09:30 |
<< (続)牡丹、紅葉に桜とくれば・・・・ 便利より安全優先!! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.