Top
春爛漫の大宴会 -夜の部ー
料理人、手練の必殺技が
次々と繰り出される。

太刀魚の皮の塩焼きである。

これは相当なる技術を持ってして
初めて可能な技である。

太刀魚の皮を削ぎ切りにするが
皮だけでもまずいし
身を多くつけすぎても駄目だ。
c0135543_16523563.jpg

塩を振りかけ、
竹串に巻きつけた後、焼いていく。
c0135543_16531232.jpg

焼いているそばから
ジュージューと脂が焼けて
良い香りがたちこめる。

想像するだけでも
その旨さの一端は窺えるだろう。

難を云えば
1尾の太刀魚から出来る量が
限られている事だ。

逆に言えば、それだけ貴重なる料理なのだ。





残った太刀魚は
刺身とバタ焼きにする。

バタ焼きの時に使ったフライパンで
胆だけ使ったスルメイカも
ニンニクを効かせバタ焼とする。

ここの工程は難しくない。

従って自称一番弟子である
小生の担当だ。

従って、ここの部分の画像は無い。

いつの間にか
見事なカサゴの煮つけが完成した。
c0135543_16535413.jpg

煮汁が十分に浸透したエンガワにしゃぶりつく。
c0135543_16542669.jpg

そして新鮮なる身をほぐし
煮汁にちょいとつけて味わう。

いつの間にか
北鎌倉の山々は漆黒の闇に包まれている。

用意したお魚は
すべて食べ尽くした。

これで終わりかと云うと
そうではない!!

ここで趣を変えて
牛肉の登場である。

牛シャブとネギの昆布風味だ。
c0135543_16552420.jpg

主役は勿論牛肉だが
ネギも負けず劣らずの役割を担う。

ひとり1本を想定して
親の仇でも討つように
ネギの斜め繊切りをひたすら作り続ける。
c0135543_1656159.jpg

予め昆布で出汁をとった鍋一杯の汁に
どっさりとネギを入れる。

頃合を見て牛肉を入れ
ネギと一緒に食べるのだが
ここで一工夫入る。
c0135543_16564070.jpg

塩昆布をミジン切りして用意しておく。

小鉢に盛った牛肉とネギに
多目の塩昆布とスダチを一垂らし。

アッサリとしているようで
こくのある牛シャブ!!

この段階にもかかわらず、
いくらでも腹に入っていくようだ。

しかしながら、もう少し食べられそうな所で
牛肉が無くなる。

最後は残ったスープ(出汁汁)を
御飯にかけて雑炊風だ。

うめー!!!!

喰ったぜ!!喰った!喰った!!
[PR]
by shige_keura | 2008-03-19 10:39 |
<< 上手の手から弓が落ちた 春爛漫の大宴会 -遅昼の部ー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.