Top
ルノワール、ルノワール
ピエール・オーギュスト・ルノワール
フランスの代表的印象派画家、
日本でも高い支持を得ている。

しかしながら、私は
ルノワールの画は好みではない、
はっきり言えば嫌いである。

彼の描くところの
でっぷりと肥えた女性には
まるで魅力を感じない。
c0135543_2342822.jpg

更に、時として、彼の色使いも
しつこく感じて気色が悪い。
c0135543_2351090.jpg

だから、渋谷文化村で行われている
ルノワール+ルノワール展も
もし、友人よりチケットを戴かなければ
足を運ぶことは無かっただろう。

さて、展示会を見た感想は
あにはからんや、非常に面白かった。

今回の展示会、
ユニークな所は
オーギュストの子供にして
フランスを代表する映画監督、
ジャン・ルノワールとの二人展なのだ。




ジャン・ルノワール
彼の作った「大いなる幻影」は
古今東西の映画ベストテンの常連である。

しかしながら、それ以外の作品となると
「フレンチカンカン」、「河」が思い浮かぶ程度で
名前の浸透度ほど作品の評価は高く無い。

今回の展示会を見て
彼の作品がこれほど
父、オーギュストの影響を受けていたとは知らなかった。

初期の作品、「ゲームの規則」は
父が描いてくれた自分自身の”狩人”姿を思い出させる。

又、この絵から、
ジャンが如何に父の庇護の下に可愛がられて
恵まれた少年時代を送ったかが良く分る。
               (オーギュストの描いたジャンの狩人姿)
c0135543_2373085.jpg

そのほか、「ピクニック」、「フレンチカンカン」、
「草の上の昼食」、「恋多き女」等
父の絵の面影が色濃く残っている。
              (ジャンの作品、「ピクニック」でのブランコの場面)
c0135543_2383774.jpg

何故であろうか????
              (父の絵、「ブランコ」)
c0135543_2391364.jpg

ジャンは映画監督としての初期
厳しい資金難に直面した。

その困難を乗り越える為
父の作品を次々と売り払って
監督としての仕事を続けて行ったのである。

彼にとって大事に育ててくれた
父の作品を売ることで
精神的な苦痛を味わった事は
容易に想像できる。

その良心の呵責が
彼の作品への
父の絵の投影となっていったのではないか??
(父と子、ジャンとオーギュスト)
c0135543_23255269.jpg

そんなことを思いながら
父の絵とジャンの映画作品とを
見比べながら
楽しい維持間を過したのであった。
c0135543_23132057.jpg

ところで、ジャンの最大の傑作、
「大いなる幻影」は
全く父の影響を感じさせぬ作品である。
c0135543_17572679.jpg

[PR]
by shige_keura | 2008-04-26 17:51 |
<< ”あいつはパセリ!”・・・・・... アルカイダと自衛隊、もし戦えば??? >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.