Top
テレビが面白かった頃 (一家揃ってハイウエーパトロール)
続々と輸入され
お茶の間を賑わせた
アメリカのテレビ映画。

何故、こんなに沢山のテレビ番組が
アメリカから入ってきたのだろう?

その一番の理由は
当時、日本での映画界とテレビの対立によるものだ。

映画界は新興のテレビを
大きな脅威ととらえ
5社(後に6社)協定なるものを
映画会社同士で結び
映画俳優のテレビ出演を禁じた。

そのために、テレビ会社は
活路をアメリカのテレビ番組に求めたのだ。

入ってきた多くのアメリカテレビ番組、
面白かったとは言え
最初はどうにも馴染めぬ所があった。

それは、声の吹き替えである。

字幕映画に慣れていた我々は
クーパーやジョン・ウエインが
日本語で話していることに
大きな戸惑いを覚えたのだった。



その中で、今日紹介する
「ハイウエーパトロール」は
吹き替えでなく字幕で放映された。
c0135543_9444458.jpg

しかも、放映局はNHK、
土曜日の夕食直後の時間帯、
我が家が揃って楽しむ
例外的なアメリカテレビ映画番組だった。

物語はカリフォルニアの
高速道路警備隊の活躍を描いたもので
警備隊の隊長、ダンには
ブロデリック・クロフォードが扮していた。

彼は、イタリアの名監督である
フェデリコ・フェリーニ作、「崖」で
贋神父の詐欺師として登場し
最後は良心の呵責にさいなまれる男として
味な演技を見せていた。

「ハイウエーパトロール」は30分作品、
勿論画面は白黒。

しかしながら、当時日本では見られない
高速道路、上空からのヘリコプター捜査等
アメリカのスピードと
スケールの大きさに新鮮な驚きを覚えた。

中でも、お馴染みのシーン、
ダン隊長が自動車から
無線マイクで捜査を命じる恰好の良さ!!
c0135543_9452353.jpg

身体を傾げながら
独特のポーズで歩くダン隊長、
そして何故かその顔は
当時大相撲の関脇として活躍した
時津山を彷彿とさせた。

あの頃、我が家では部屋を暗くして
一家でこの番組を楽しんでいた。

何故だろう???
[PR]
by shige_keura | 2008-05-28 08:52 |
<< 浮き立つ宵宮 バーンサイドは今も昔もサイドスロー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.