Top
猿の祭りは意外な結果
それは12日の日曜日の事。

近所を歩いていた時に
ふと眼に入ったのが
下の画像にあるポスターである。
c0135543_17582100.jpg

”何!猿楽祭だと!!!”

何たって、私は猿に縁が深い。

自身も申年、両親も同じ、
小さい時から木登りが大好き、
日頃から、キャーキャーと
喧しく賑やか大好き人間だ。

還暦を迎えたときに
手に入れたのが九谷のお猪口である。
c0135543_1758528.jpg

今や九谷の重鎮となった
武腰潤氏の描く
とぼけた猿が煙管で一服している。
c0135543_17593779.jpg

常に一服ばかり、
お休み大好きの私にはピッタンコ!

この猪口で燗酒を飲るのがが無上の楽しみだ。

”猿楽祭”、
こりゃ、同族と一緒に楽しまねばなるまい。

ところがどっこい、
残念なるかな今日の祭りは猿爺には向かぬ。

小猿軍団が奇声をあげて広場を占拠、
無料のワタ飴には長蛇の列。

この町と縁が深い
新潟、妻有村の”どぶろく”を購入し
そさくさと退散。
c0135543_1804029.jpg

丁度、この機会にと向ったのが
歩いて3分の所にある
旧朝倉家の住宅だ。




c0135543_1813195.jpg

朝倉家住宅と庭園は
かって東京府議会議長を務めた
朝倉虎次郎によって大正8年に作られた。

彼は若い頃材木店で働いた経験を生かし
自ら屋敷に使用する材木を吟味した。
c0135543_1822027.jpg

その甲斐あって
関東大震災にもビクともせず
戦争の被害も免れて
往時の姿を殆どそのまま残している。

そしてこ住宅は
昭和39年から近年まで
経済企画庁の渋谷会議所として使用されていた。
c0135543_1831170.jpg

従って、和風建築ながら
会議室を備えた住宅は
堂々たる構えを見せている。
c0135543_184498.jpg

更に素晴らしいのは庭園だ。
c0135543_1835729.jpg

目黒に下って行く崖線を利用した
回遊式庭園にはツツジ、モミジが一杯。

さぞやその季節は美しかろう。
c0135543_1853492.jpg

中でも最も目を引くのが
どっしりとした石燈籠の数々である。
c0135543_186174.jpg

昔の日本庭園には
石燈籠がつきものであったが
このような数の石燈籠は
滅多にお目にかかることはないだろう。
c0135543_1865529.jpg

縁側に腰を下ろし
若干色づき始めた
木々の緑に見とれる。

足元の小さな袋が気になって仕方がない。

中身は件の”どぶろく”だ。
c0135543_1873658.jpg

ここで呑むわけにはいかぬが
それが出来たらどんなに良い心持だろう。

そんな事を考えているうちに
木々の緑が遠ざかり
代わりに猿の猪口が目の前に浮かんできた。

早く、家に帰ろう!!
[PR]
by shige_keura | 2008-10-22 11:18 |
<< 世に悪相の種は尽きまじ??? 油断も隙も・・・・・・ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.