Top
<   2012年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
古都、春爛漫  -新たな発見-
旅の楽しみのひとつが
新たな発見であることは間違いない。
c0135543_972958.jpg

その意味で言えば、
全国最古のエレベータが稼働している
東華菜館に出会ったこと自体が驚くべき発見なのだが、
この場所で昼食を食べた事によって
次々と新たな事実が明らかになった。
c0135543_22412594.jpg

c0135543_22421539.jpg

c0135543_22433548.jpg

このレストラン、エレベータばかりか
建物自体が古めかしく非常にユニークなスタイルだ。
c0135543_22441189.jpg

バロック調?、アールデコ風??、
その手の込んだ装飾には驚かされた。
c0135543_22445789.jpg

もともと、この建物は1926年、
西洋料理店(「矢尾政」)としてアメリカ人建築家
ウイリアム・メレル・ヴォ-リズの手により作られた。
c0135543_22452954.jpg

それが1945年、東華菜館となるのだが、
設計者、ヴォ―リズとは如何なる人間なのか?
c0135543_22455843.jpg

彼は1880年生まれのアメリカ人、
1905年、滋賀県立商業高校の
英語教師として来日した。

その後、1964年にこの世を去るまで
彼は日本で生活していくのだが
その間の足跡を辿ると驚くべきことばかりである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-30 20:28 |
古都、春爛漫  -日本最長寿-
24日、昼をまわった刻限、
祇園周辺の店を物色しながら歩いていた時、
突然、その建物は目の前に現れた。
c0135543_17505078.jpg

「東華菜館」、北京料理を売りにした店なのだが
何故か、私はこの店の所在地は神戸と勘違いしていた。
c0135543_1751344.jpg

「えっ、なんだ! 東華菜館は京都にあったのか!!」。

これで自動的に昼食の場所は決まった。

何故ならば、この建物の中に
大田区とは所縁の深い会社が作り
今や日本最長寿となった文明の利器が稼働しているのだ。

その文明の利器とはエレベーター、
メーカーはオ―チス社、
今でも世界シェアナンバーワンを誇る優良企業である。

               (近代エレベーターの父、エリシャ・オ―チス)
c0135543_17345762.jpg

オ―チスの父、エリシャ・オ―チスと二人の子供が
近代エレベーターの三要素を確立したことで
ビルは高層化し、人間の生活様式を変えていくことになった。

               (1854年、第2回万博で非常停止装置を発表し
                満場の拍手喝采を浴びるオ―チス)
c0135543_1737319.jpg

三要素とは、非常停止装置、電動化、
そしてギアレス高速装置、を意味している。

               (1889年エッフェル塔にオ―チスの水圧式エレベーター導入
                今でも、当時と同じ構造のエレベーターが脚の中を運行)
c0135543_17422499.jpg


c0135543_1746662.jpg

オ―チスの開発した文明の利器の波は
文明開化の日本に当然の如く入ってきた。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-30 18:15 |
古都、春爛漫  -桃源郷-
4月23,24日の京都、
日中の気温は25度にも達した。
c0135543_13264065.jpg


c0135543_13272533.jpg

汗ばむ初夏の気候、
桜のピンクと新緑が織りなす中で、
古都、京都は春爛漫、
浮き立つような空気に包まれていた。
c0135543_13244116.jpg

「うーん、京都はやはり特別だ!!」
c0135543_13251352.jpg

「桃源郷」、これは正確には
中国、陶淵明が書かれたとされる
「桃花源記」にある、桃の花に包まれた
特別な土地の事を意味しているらしい。
c0135543_13285827.jpg

しかしながら、一般的に桃源郷と言うと
美しい花々が咲き乱れている
夢のような景色を意味するのではないだろうか。

その意味で言えば、
ここはまさに「桃源郷」だ。
c0135543_13303757.jpg

約4,000坪の苑内には
桜をはじめ山吹、つつじ、雪柳、
れんぎょう、石楠花、木瓜、等々
ピンク、赤、黄色、白に覆われている。
c0135543_13312760.jpg

そこは「原谷苑」、金閣寺の奥、
ひと山越えたところに位置する
村岩農園内の”さくら苑”である。
c0135543_13325994.jpg


続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-27 13:45 |
懐かしい切符、素晴らしい映画
昔の映画ファンにとって
物足りなく感じるのが昨今の映画館の切符だ。

電車の切符と見まごうような
味わいもへちまもない切符を渡され
半券は入退場の時に必要と言われる。

こんな小さな半券、
ひとたびしまいこんだら、永久に行方不明となりそうだ。

しかし、この切符はサイズこそ小さくなったが
未だに昔の味わいを残している。

薄いピンクの地に鳩が飛んでいる。

デザインのセンスも今いちならば
色合いもお世辞にも洒落ているとは言えない。
c0135543_15482060.jpg

だが、この切符こそ昔の映画館を表わしている。

極めつけは、映画館の名前である。

「武蔵野館」、こんな名前の映画館が今も残っている。

麻布、芝、新橋、日比谷が本拠地の私にとって
新宿の「武蔵野館」はアウェ-映画館だった。
c0135543_15503077.jpg

しかし、一度訪ねれば忘れられぬ名前、
開業は古きも古し1920年、
新宿駅前で”武蔵野”の名前を名乗った事だけでも
映画館主の意気込みが感じられるではないか。
c0135543_1551778.jpg

先週、或る人からの情報を得て
何十年振りかに「武蔵野館」に足を運び
小品ながら”ドキュメンタリーこれぞ”の傑作に出会い、
至福の一時を過ごした。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-25 15:56 |
寝てりゃ勝てるよ!
4月19日、午後7時からナイター中継
名古屋ドームで行われる中日・巨人戦だ。

私は楽しみにチャンネルを合わせた。

と、言っても、目的は野球観戦は二の次、
落合前中日監督、退団後初の解説を聞くためだった。

何故なら、数日前にネットを通じて、
落合氏談として、次の言葉が報ぜられたからだ。

「巨人は原さえ寝てりゃ勝てますよ」

落合さんは私にとって、嫌いなタイプの人間だ。

だが、彼のこのコメントには、ほぼ賛同する。

原が監督として以下に駄目かは枚挙にいとまがない。

彼はどうしたらチームが強くなるか、
そのビジョンを全く持ち合わせていないようだ。

例えば、数年間の課題、

・抑え投手不在
・捕手の強化
・守備力再整備(今季17戦17失策)
・有能なコーチ陣編成(お仲間コーチは厳しさ知らず)

ここまで問題を放置すると言うことは
何もフロントだけの問題では無く
現場指揮官が如何に無能かの証である。

さて、当日の落合さんの解説、
なかなか味のあるものだった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-21 17:40 | スポーツ
ツワモノどもが夢のあと (7) -もう一人の父-
日産の名車、フェアレディZの父が
片山豊であることは周知の事実である。

しかし、名車誕生の陰に、もうひとりの父が居た事、
そして、彼が片山豊と深い因縁にあることは余り知られていない。

その男とは、多摩川スピードウエ―で行われた
第1回の大会でハンドルを握り
アット言わせる優勝を飾った
太田祐雄の長男、祐一なおである。

彼は父の血を強く受け継いだ
モータースポーツに命を掛けた男だった。

日中戦争の激化に伴い
オオタ自動車工業はモータースポーツに専念できず
三井財閥に株式を売却し、
航空部品製造会社に事業を転換していった。

祐一は車への夢が立ち切れずに退社、
帝国自動車工業に入社、
「くろがね4輪」の車体設計を担当した。

1947年、祐一は独力で
「ワイドフィールド・モーターズ」を設立、
進駐軍兵士のスポーツカーのチューンアップ、車両改造、
更にトヨタ、ダットサン車のオープンカー架装を手掛けた。

ここで祐一は第1回大会のライバル、
日産の片山豊と再会する。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-20 08:47 | スポーツ
ツワモノどもが夢のあと (6) -世界に羽ばたく-
今日の主人公は奇しくも片山豊と同じ
静岡県、浜松市の出身、
優勝の野望を抱いてレースに参加した

その人の名前は本田宗一郎、
のちに本田技研を創設すこととなる彼は
弟、弁二郎と共にフォードを改造した
その名も「浜松号」を駆ってレースに参加した。

オリジナルの8バルブを16バルブに改造し
チューンアップしたエンジンを載せた「浜松号」は
観客も驚く猛スピードでサーキットを疾走した。

しかし、余りの猛スピード、
コーナーで制御できず車は横転、
ドライバーの宗一郎は車外に放り出された。
c0135543_17113259.jpg

幸いにして一命を取り留めたのだが、
もしも、この時最悪の事態になっていれば
世界に誇るホンダの名前は登場しなかっただろう。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-19 09:44 | スポーツ
ツワモノどもが夢のあと (5) -挫折を糧に栄光へ-
1936年6月7日、
「第一回全日本自動車競走大会」。

よもやの敗戦を喫した
日産ファクトリチームの一員として彼は居た。

名前は片山豊、技術者では無い彼が
どのような役回りでその場に居たのか? 
それは、はっきりしない。

恐らく、営業畑の一員として
広報、宣伝の担当者として
多摩川スピードウエーに胸躍らせて
レースを観戦していたに違いない。

レース前から、彼の頭の中には
日産車栄えある優勝のキャッチフレーズが浮かんでいたに違いない。

思っても見ない敗戦、
打ちひしがれてばかりいられない。

屈辱の敗戦から3か月後
日産は確勝を期して特別な車を仕立て上げてきた。

モデルはNL-75 Super Datsun Racer、
排気量750cc、DOHC、
スーパーチャージャーをわざわざ英国から取り寄せた。
c0135543_1952135.jpg

日産ワークス必勝の願いは
車両製作中の工場にしめ縄がかけられたことに表れていた。

当日は雪辱の相手、オオタ工業が棄権する中、
Super Datsun Racerがぶっちぎりでレースを制し
商工大臣賞の栄誉を受けた。
c0135543_196740.jpg

日産優勝の記念撮影写真、
後方、左端に片山豊がメンバーの一員として連ねている。
c0135543_196378.jpg

彼の耳にはダットサン・スポーツカーの爆音が
心地よく残ったに違いない。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-18 10:43 | スポーツ
ツワモノどもが夢のあと (4) -名もなき工場の栄冠-
レース終了後、日産自動車社長、鮎川義介は激怒した。

周りからも優勝確実と言われ、
本人も信じて疑わなかった勝利がさらわれた。

それも、義介にとっては歯牙にもかけぬ
小さな町工場、「オオタ自動車工業」に負けたのだ

オオタ自動車工業の創設者、
大田祐雄は茨城県の出身、彼は21歳で上京、
芝浦製作所で工作技術を身につけた。

5年後、独立した彼は
巣鴨に大田工業を開業し
日本のモータリゼーションの夜明けの中で働いた。

神田に工場を移した大田は
1919年水冷4気筒エンジンとシャシ―を完成
ボディ架装なしで東京―日光間をドライブした。

1922年、最初のオオタ車、
試作車「OS号」(OHV4気筒、965cc)完成も束の間
翌年の関東大震災で大きな被害を蒙ってしまう。

やむなく大田はたった1台の「OS号」を
個人タクシーとして使い、来るべき日に備えた。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-17 08:45 | スポーツ
ツワモノどもが夢のあと (3)  -スピード野郎、大集合-
多摩川左岸にあったジャイアンツ球場、
そこは幾多の名選手が汗水たらした聖地だった。

第一次長嶋監督時代、
東映から移籍し、王選手と並んで打線を牽引した
張本選手もここで泥にまみれ優勝に貢献した。
               (巨人練習場で王選手と汗を流す張本選手)
c0135543_9161555.jpg

さて、張本選手は移籍前、
多摩川を挟み向こう岸、右岸にあった、
当時、東映フライヤーズの球場で練習に明け暮れていた。

               (日本ハム時代の球場)
c0135543_9401552.jpg

次なる”夢のあと”探検は
フライヤーズ(のちの日本ハムファイターズ)球場建設前に
同じ場所に存在した、ある施設の痕跡を探ることである。

下の画像は、日本ハム球場(今は移転)と
その附近の多摩川流域の地図である。
c0135543_9421568.jpg

日本ハム球場と多摩川を挟んだ左側に
かつてのジャイアンツ球場の輪郭が描かれている。

さて、次の画像は戦後、
アメリカ進駐軍が撮った同じ場所の航空写真だ。
c0135543_9433813.jpg

写真は、この場所にサ―キット
或いはトラックの存在を物語っている。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-04-16 17:01 | スポーツ



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.