Top
<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
VERTIGO TROUBLE
”VERTIGO"、医学用語、訳して「めまい」、
映画ファンならば、A・ヒッチコックの傑作を思い起こすことだろう。
c0135543_1137572.jpg

1958年に作られたこの映画は
権威ある「全米フィルム協会」から
ハリウッド史上、ベスト9、
高い評価を受けている。

筋の巧妙性は今も舌を巻くばかりだが
錦上花を添えるのが
一人二役を演じた官能的な
キム・ノヴァクの妖しい魅力だった。
c0135543_1138513.jpg


c0135543_11393233.jpg

高所恐怖症で鬱病を病む、J・スチュアートも捨て難いが
ヒッチコックが仕掛けたと言う
サンフランシスコの霧を思わせる
ベールの中から現れるノヴァクは神秘の女神だった。
c0135543_1140759.jpg

但し、今日のお話は映画ではなく「めまい」そのものだ。

生まれて初めて衝撃的な体験をしたのは
今から遥か昔の1995年、
場所はローマの自宅、
朝、ベッドから起きあがろうとした、その時
部屋の天井が廻り始めた。

目を閉じ、息を潜め横たわる。

暫くしてめまいはおさまったのだが、
起きようとすると再びぐるぐると景色が回り
吐き気を催してきた。

精密検査の結果は異状なし。

しかし、帰国後もめまいは「忘れたころにやってくる」
言わば、厄介な存在としてまつわりついて離れない。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-29 08:40 | その他
3985の頂点目指し  -時差の影響、無視できず??-
高校野球、夏の大会決勝戦は
史上初の春夏連続の同一カード、
大阪代表、大阪桐蔭高校と
青森県代表、光星学院の間で行われた。

大会前から不動の本命と言われた大阪桐蔭、
選抜の4番バッターがベンチ入りできないという
豊富な戦力で危なげなく勝ち進み
史上7度目の春夏連覇を狙う。

一方の光星学院は、
春を含め、3回連続の決勝進出、
今度こそ三度目の正直の全国制覇を狙う。

決勝戦開始前の見どころ、焦点、
それは、何といっても大阪桐蔭の本格派右腕、藤浪君と
本塁打、計6本、光星学院の破壊的な3,4番、
田村君と北条君の対決にあった。

更に、興味をそそられたのが捕手対決。

それは両軍の名世話女房捕手、
田村君と森君のリード合戦だけではない。

両軍の監督、大阪桐蔭の西谷さん、光星の仲井さん、
二人は奇しくも共に42歳、
更に現役時代は捕手を務めていたことを意味している。

二人の元世話女房がどんな作戦で臨むか!

期待に胸躍らせてテレビの前に腰を下す・・・・・、
ただ、その一方では、
えてして、このような試合はミスが致命的、
嫌な予感も頭をかすめた。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-24 09:22 | スポーツ
明るさの陰の胸騒ぎ
8月20日、銀座でロンドンオリンピック、
メダリストのパレードが行われ、
約50万人の人々で銀座通りは埋め尽くされた。

今や、世論調査によると
2020年のオリンピック開催地を東京と願う人は
65%を超える水準に来ている。

前回招致時の冷めた空気とは様変わり、
かう言う私も、閉塞感を破る為にも東京開催を望んでいる。

しかしながら、その一方、政治状況は緊迫、
尖閣諸島、竹島等々、特に近隣諸国との軋轢が深まりつつある。

歴史的に見て、外交は日本の苦手とされてきているが、
そんなことは言ってられない時期に来ている。

まかり間違えば、誰もが望まぬ
最悪の状況に突き進む懸念を感じる。

それは、あの時と、何故か状況が似ているからだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-22 21:34 | その他
3985の頂点目指し  -素晴らしい世話女房-
夫を甲斐甲斐しく助ける世話女房、
余りにも目立ち過ぎると
旦那にとっては時として鼻持ちならぬ存在となるのかもしれない。

世の旦那と言えば、我がままで、独善的で、
子供の様な喜怒哀楽を持つのが通り相場、
それを、押したり、引いたり、なだめたり、
世話女房の匙加減は絶妙だ。

野球の世界で言えば、
名捕手はまさしく世話女房、
主役であり旦那の投手を影になり日向になり盛り上げ、
更には全軍を鼓舞しながら勝利に導いていく。

その意味で言えば、
本日(8月20日)の準々決勝で共に勝利した
青森・光星学院と大阪桐蔭の二人の捕手は
世話女房の鑑と言えよう。

先ずは光星学院の主将にして
3番バッターを務める田村選手だ。
c0135543_1821164.jpg

準々決勝を終わって10打数4安打、
打率4割で本塁打1本、
本日の試合でも乾坤一擲のレフト前ヒット、
決勝点(勝利打点)を叩き出し
次の北条選手の長打を呼びこんだ。

継投策必至と言われた光星学院、
終わってみれば金沢投手の完封劇、
それを演出したのはキャプテン田村選手に違いない。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-21 08:43 | スポーツ
3985の頂点目指し  -二人の本格派-
甲子園夏の大会も佳境に入り、
今日から準々決勝が行われる。
c0135543_157770.jpg

全国3985校のうち、残った8校、
今日で6校に絞られる。

本日は青森・光星学院と神奈川・桐光学園、
続いて、大阪桐蔭と天理高校、
今大会屈指の好カードである。

第一試合は東北青森、強打を誇る光星学院、
立ちふさがるは、桐光の奪三振王、松井投手、
どちらのチームが”光”輝くだろうか。

桐光学園の松井投手を本日初めて見たのだが
正直、ビックリした。

身長は174センチ、今の高校生では大きくない、
球のスピードは精々145キロどまり、
それでもバッタ、バッタと三振の山、
準々決勝まで3試合で53、驚異のペースである。

本日、残念ながら0-3で負けたが
毎回の15三振を強打の光星から奪った。

どうして、こんなに三振が取れるのだろうか?

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-20 15:23 | スポーツ
「山中日記 2012」 -射干玉の山-
「射干玉」は”ぬばたま”と読むと言えば
お聞きになった覚えは御同輩ならば誰でもある筈。

「そう!」、万葉集などの歌に出てくる言葉だ。
c0135543_1732159.jpg

ぬばたまの 夜さり来れば 巻向くの(まきむくの)
川音高しも 嵐かも疾き(とき)     柿本人麻呂

(夜になるにしたがい、巻向川の川音が高く聞こえてくるようになった、
 きっと、風が強くなり嵐になるのではないだろうか)
c0135543_17325210.jpg

「射干玉」は檜扇(ひおうぎ)の実、
「烏羽玉」(うばたま)とも言って、
真黒であることから万葉集などの和歌の
黒、夜、髪、夢などの枕詞として使われている。
c0135543_173354100.jpg

山梨県、山中湖畔にそびえる高指山(たかざすやま)は
その昔は、檜扇の群生地として名高かった。

檜扇とは、もともと宮中で使われていた扇で
檜の木の薄い板をとじ合わせたことから名前がついている。
c0135543_18353714.jpg

そこから名前を戴いたのが植物の檜扇、
葉の出方が檜扇を思わせることからの命名である。

植物の檜扇は日本、中国、インドに分布する
アヤメ科の多年草であり
8月に入ると橙色の花をつける。

高指山一帯はかつては
8月になると橙色で埋め尽くされ
地元の人たちはお盆の花として重宝したと言う。

それが薄(すすき)の大攻勢により
檜扇の姿は激減してきた。
c0135543_18363194.jpg

そこで立ちあがったのが地元の同好会、
有志を募って檜扇の植樹を定期的に行っている。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-14 08:37 |
「山中日記 2012」  -近いうち-
政治・経済の話は分からないので
務めて避けるようにしてきたのだが・・・・・・・・。

昨日まで同じ与党で共にしてきた首相に不信任提出、
決議当日、野党第一党が欠席!!

まことにもって訳が分からぬ政治迷走が続く中、
漸く消費税増税法案が衆参両院を通過した。

この決め手となったのが
民主・自民党首会談の際
野田総理の放った一手、
「解散は近いうちに」である。

こうなると、次は「近いうち」って何時のこと? である。

そこで、登場したのが懐かしや、元総理、麻生太郎、
相も変らぬべランメ-口調でこうまくしたてた。

「近いうちに飲みに行こう、って言えば
 それは、常識的に1週間以内って決まってるんだ」

思わず、頬が緩んだ、
この人の軽いタッチは相変わらずだ。

解散の時期云々の話に
飲み会のタイミングを持ってくるとは・・・・、
いくらなんでも、それは違うでしょう。

解散は総理の専決事項、
それほどの重みを持ったものを
飲みに行く約束を喩に持ってくるとは???

太郎さんがおやりになっていた首相はそんなものだったのか??

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-13 09:38 | その他
「山中日記2012」 -オリンピックの思い出-
ロンドンオリンピックも大詰め、
日本は金メダルの目論見は狂ったものの
メダル総数は予想をはるかに超える大健闘!!

中では、銀メダルに終わったとはいえ
「なでしこジャパン」は、やはりやってくれた。

昨年のワールドカップは奇蹟のような勝利、
今回は勝ちに等しい負け、
強豪、アメリカを追い込んだ気迫と技、
負け惜しみでなく、スカッとした気分にさせてくれた。

日本選手たちの活躍が
オリンピック東京開催への
盛り上がりに繋がるものと期待している。

数年前までは、何故、東京で再びオリンピック??
疑問が無いわけではなかった。

しかし、今の日本の閉塞感、
特に政治の崩壊がもたらす民衆への悪影響、
負の連鎖を断ち切るには東京五輪が必要ではないかと
考えを新たにしている。

さて、私にとってのオリンピックの記憶は
1952年のヘルシンキ大会、
日本が戦後初めて参加したオリンピックに始まる。
c0135543_15575085.gif

そのとき8歳の私は丁度、
軽井沢の親戚の別荘に滞在していた。

               (フィンランドの英雄、ヌルミ選手の聖火台への着火)
c0135543_15582633.jpg

当時は無論、テレビ中継があるわけはなく
頼りはラジオで送られてくる聞きずらい海外中継だった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-10 18:08 |
「山中日記2012」  -山椒の実の熟する頃-
中学2年の時の事だったと思う。

新任の国語の教師、H先生が勧めた本、
それが「桜の実の熟する頃」、作者は島崎藤村だった。

先生の勧め、タイトルも何やら魅力的、
面白そうだぞ!

ところが読み始めたまではよいが、
何が面白いのか、重苦しいばかり、
途中で放り出した。

藤村の若い頃の繊細な感情、
鬱積、希望、挫折、・・・・・・・・、
中学2年の私には無理だと言うことだ。

ただ、途中で諦めた事がずっと気になっていた或る日、
妙な疑問が頭をよぎった。

「桜の実」とは「サクランボ」のことなのか?

サクランボは「桜桃」という桜の木になる果実、
ならば、桜の実はサクランボである筈だ。
c0135543_1515245.jpg

でも、なにか釈然としない。

「サクランボの熟する頃」と
「桜の実の熟する頃」、まるで雰囲気が変わってくる。

藤村がここで云ってる桜の実はサクランボではなく
熟すと紫色のグミのような・・・・・・、
いわば鑑賞用の桜の木になる実の事なのではないか?
c0135543_15153143.jpg

藤村が意味している所は、
青春とはサクランボのように
美しく、甘く、スッキリとしたものではない。

それは、熟すと紫色をした花の桜の実のように
美しいものでもなければ甘酸っぱいものでもない。

これが「桜の実の熟する頃」に
込められた意味なのではないだろうか?

それで自分なりに納得した私は、
二度とその本のページを開けなかった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2012-08-08 15:28 |



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.