Top
<   2014年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
景色が変わる
今年の冬、世界各国様々な場所は
時ならぬ寒波に襲われた。

日本も山梨県のブドウをはじめとする
果樹園、農場の被害は甚大である。
c0135543_932243.jpg

海の向こう、4月13日から開催される
ゴルフの祭典、マスターズの聖地
オーガスタのゴルフ場も2月初旬に酷い雪嵐に見舞われた。
c0135543_9352581.jpg

その被害をまともに受けたオーガスタゴルフ場は
長年にわたり名物ツリーとして親しまれてきた大木の伐採を余儀なくされた。

オーガスタの勝負どころの上がり3ホール、
17番は440ヤードのパー4、Nandina(南天)と名付けられている。

尚、オーガスタゴルフ場の各ホールは
花を基本とした植物の名前が冠せられている。

1番、Tea Olieve 5番、Magnolia 8番、Yellow Jasmine
10番、Camellia 12番、Golden Bell と言うように。
c0135543_936387.jpg

話を17番に戻すと、ティーグラウンドから210ヤード地点
緩やかに左に曲がって行くコースのフェアウエー左に
大きく枝を張り出した松の巨木がそびえている。

この大木は元・アメリカ大統領で
1948年から69年の逝去の歳まで
オーガスタの会員であったドワイト・アイゼンハワ―に因み
「アイゼンハワー・ツリー」と命名された。
            (パーマー、スニード等とオーガスタでラウンドする在りし日のアイク)
c0135543_937816.jpg

ただ、ことの経緯を調べると、
本来ならば、当時のコース監修者の名前を取って
クリフォード・ロバーツ・ツリーと名付けるべきだった。

何故ならば、もしも彼が元大統領(アイク)を一喝しなければ
この大木は1956年に姿を消していたのだから。

1956年、オーガスタゴルフクラブの委員会席上
時の大統領・アイゼンハワーは件の木の撤去を提案した。

何故ならば、彼はフェアウエー200ヤードの地点にそびえる木の為
何度スコアを乱したことか、
彼にとっては天敵の木だった。

大統領の提案に満場が静まった瞬間、
真っ向から反論したのがコース監修者のロバーツ、
顔を真っ赤にして喰ってかかった。

「アイク、何てこと言うんだ、
 あの木があそこに有るからこそのオーガスタだ!」

つまり、木を無くせと言ったのがアイクであり、
木の存在性を主張し残したのがクリフォード・ロバーツなのだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-27 09:51 | スポーツ
優しさの中の批判
又しても邦題に引っかかったが、
映画は素晴らしかった!

オリジナルタイトル(英語)は”Philomena”(フィロミ-ナ)、
ジュディ・デンチ演ずる女主人公の名前だ。

この物語はノンフィクション小説をベースとしており
本のタイトルは”The Lost Child of Philomena Lee”、
直訳すれば「フィロミ-ナ・リーの行方不明の子」となる。
c0135543_21305987.jpg

これが邦題となると、「あなたを抱きしめる日まで」、
一体全体、何を意味しているかが分からない。

この邦題から受けるイメージは
日本人大衆受けするメロドラマとなる。

ところがところが、映画はメロドラマとは対極、
その背景には闇に包まれた哀しい歴史が横たわっている。

下手に映画化した場合、とんでもなく暗くなる危険性があるが、
卓越した脚本と絶妙なジュディー・デンチのキャラクターで
ほのぼのとした味わいが作品全体を包み込むこととなった。

その結果、屈指の名作として仕上がったと言って良いだろう。
c0135543_16293036.jpg

主人公、フィロミ-ナの相手役として登場するのが
元・BBCキャスターのマーティン(スティーブ・ク―ガン好演)であり、
彼こそが後に小説の執筆者となる、
マーティン・シックススミス氏であるのだ。

大詰めは修道院の一室、
主役二人が聖職者へ発する対極的な言葉が
この映画の言わばハイライトなのだ。

主人公のフィロミ-ナの言葉は「許します」、
一方、マーティンは「許さない」と断じる。

即ち執筆者となるマーティンが「許さぬ」と言っているように、
原作と映画の根底にあるのは
聖職関係者(カソリック)への痛烈な批判なのである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-24 09:14 |
SO/BBのもの凄さ!!
本日のテーマは野球でございます。

野球に詳しい御仁ならば良くご存知の筈、
SOとはStrikeouts、三振のこと、
BBはBase on Balls,四球のことを意味する。

勿論、ともにMLBの公式用語である。

SO/BBとは1個の四球を与える間に
いくつの三振を奪ったかを示す数値で
アメリカの野球界では安定した投手の尺度となっている。

ベンチにいる監督として、もっとも安心し見ていられる投手とは
三振を奪いながら、無駄なランナー(四球)を出さぬ投手だ。

荒れ球で三振を重ねる一方で、
フォアボールも数多いのでは
ベンチにいる監督としては腰が暖まらない。

さてさて、昨年レッドソックスを覇者に導いた上原投手は
とんでもない数値をたたき出したのである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-22 10:34 | スポーツ
道は何故細い
タイトルの意味から始めるが
これは「月日は百代の過客にして・・・」、で始まる
誰もが知っている芭蕉の「奥の細道」のことだ。

芭蕉が江戸の庵を出たのは元禄2年(1689)3月
崇拝する西行の500回忌の年の事だった。

「奥の細道」の旅は陸奥、出羽、越後、加賀、越前と巡り
8月下旬岐阜の大垣で終了する。
c0135543_9111198.jpg

全行程は約600里、
1日平均4里(16キロ)のハードな行程だった。

さて、芭蕉は何故「奥の細道」
”道は細い”と名付けたのだろうか?

それを解き明かしてくれたのが
久しぶりに読んだ新刊書、「俳魁」(はいかい)である。

著者は三田完氏、最近知ったのだが
素晴らしい文才の持ち主である。

更に、話の軸に据えられたのが俳句、
自分としては未知の領域であったので興味深かった。

三田さんの本に接する以前、
「細道」に対する私の考えは単純至極だった。
c0135543_9134527.jpg

即ち、芭蕉の旅は、先ずは東北の僻地に向かうのだから
街道(道)の幅は日に日に狭くなり
同時に険しい山道を抜ける心細さ一杯の旅、
それを奥州に向かう細道、「奥の細道」と名付けたのだった。

それが恥ずかしいばかりの誤り、
芭蕉は私が考えるような凡庸としたタイトルはつけない。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-19 12:26 | その他
見の辛さよ、難しさよ!
「見」は「けん」と呼んでほしい。

自らを無頼派と任ずる、伊集院静氏の
勝負事を描く随筆に良く出てくる言葉だ。

スポーツ、博打等勝負事の世界を描く達人と言えば、
いずれも故人となられたが、
阿佐田哲也さん、山口瞳さん、寺山修司さんが
私にとってのビッグスリーだ。
c0135543_9244296.jpg


c0135543_9252673.jpg


c0135543_9264529.jpg

現代に目を向けると
博打の世界の第一人者は伊集院静氏ではないだろうか。
c0135543_9261015.jpg

浅田次郎さんの名前も浮かぶが
何故か、私には波長が合わない。

競馬の世界ならば山口瞳さんと寺山修司さん、
御両所の馬に注ぐ愛がヒシヒシと伝わってくる。

麻雀を書かせれば阿佐田哲也さんは別格、
先輩良く言われる、賭場の「ひりひり」とした感覚が他を圧している。

さて伊集院さんに話を戻すと、
氏は競馬もお好きなのだろうが
もっと得意なのが競輪の世界のお話だ。

ギャンブルにのめりこんだ者が放つ迫力ある文章、
そのなかで良く出てくる言葉が「見」(けん)である。

競輪場に居ながらにして
車券を買わずレースを見るだけの事である。

この「見」が素人博徒にとってなかなか難しいことなのだ。

「だってよ、目の前の御馳走を食わずに済ませろってのか!」
このような心境になるのである。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-18 19:20 | その他
ホテルの居心地
イタリア映画「はじまりは5つ星ホテルから」を観た。

題名に対する文句はひとまず置いといて、
この作品には7軒の5つ星ホテルが登場する。

場所はパリ、ベルリン、スイスのグシュタ-ド、
モロッコのマラケッシュ、上海等々、
規模的に大きなホテルばかりの様だ。

登場ホテルは、私が滞在したことが無いホテルばかりだが、
パリのクリヨンは日本から来たお偉方の随行で
ロビーまでは入ったことはある。

又、シンデレラの夢の城を思い起こさせる
グシュタ-ド・パレスホテルを仰ぎ見つつ
心地よいアルプスの散歩を楽しんだ事もあった。

               (パリのホテル・クリヨン)
c0135543_1705143.jpg

両ホテルは共に流石5つ星、
我こそはスーペリア-・ラクジャリ-、
その存在感は群を抜いている。
               (スイス中央アルプス、グスタ-ド・パレス・ホテル)
c0135543_1711621.jpg

それでは、このホテルに泊まりたいか?

もしもタダで泊まれるならば、「そりゃ結構毛だらけ」となるが
だからと言って余り気持ちは昂ぶらないと思う。

何と言ったらよいのか、難しところなのだが
周囲をあたかも睥睨するかの雰囲気に馴染めない。

更に言ってしまえば大規模な超高級ホテルの場合
たしかに部屋の居心地は素晴らしいとは思うが
それに引き換え、食事が期待外れとなることが多いのだ。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-16 21:41 |
ネーミング東西
洋の東西、その品物は同じ用途にもかかわらず、
名前の違いの大きさに驚くことが有る。

「バック・スクラッチャ―」(Back Scratcher)、
この名前の品物をご存知だろうか?

いや、絶対に御存じの筈である。

我が家には何故かふたつあるが、
絶対必要なものではないし、
持っていることを忘れている場合も多い。

ただ、便利と言えば便利である。

バック・スクラッチャ―は欧米の呼び名であり
品物が使用される目的を言いあらわしている。

品物の発生は1000年以上も昔から存在し、
象牙、銀で出来た高級品もあり
御婦人はアクセサリー代わりに
外出時に腰からぶら下げていたそうだ。

これが、日本では全く違う名前となっている。

又、名前は商品を思い起こさせるものに由来している。

この品物は中国から渡って来たのだが
その起源は相当に古い。

唐時代の伝説的な書家、顔真卿が書いた書に
品物のヒントが隠されている。

背蚌時得此爪
以爬背乃佳也

全部が全部読める字ではないかもしれぬが
ひとつひとつの字を見てゆくと
なんとなく、その品物が想像できるかもしれない。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-14 09:40 | その他
極めつけパロディ
c0135543_22445872.jpg

上の画像はお芝居好きなお方ならば当然ご存知、
「与話情浮名横櫛」(よはなさけうきなのよこぐし)、
「源氏店」での「切られ与三郎」の名セリフは余りにも有名だ。

「御新造さんぇ、おかみさんぇ、お富さんぇ、
 いやさ、これ、お富、久しぶりだなあーー」

名調子はこれからが佳境に入って行く。
「しがねえ恋の情けが仇、命の綱の切れたのを、
 どうとりとめてか木更津から、めぐる月日も三年(みとせ)越し
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

大向こうから「音羽屋」---!の声が掛かる。

明治時代、団十郎、左団次とともに
「団菊左時代」を築いた5代目尾上菊五郎、
はまり役の与三郎、明治25年は歌舞伎座の舞台だ。

月日は経って2014年3月5日、
ここは氷雨そぼふる国立劇場、梅も寒さにふるえてる。
c0135543_22484779.jpg

この日の演じ物は、河竹黙阿弥作の・・・
さー、これは読めない分からない???。

「處女翫浮名横櫛」

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-11 22:59 |
1976年11月24日・場所は富士
モータースポーツの最高峰、
F1世界選手権が始まったのが1950年、
以来、レース中に24名のドライバーが命を落としている。

最後の犠牲者が人気者、アイルトン・セナ、
1994年サンマリノ・グランプリの出来事だった。

忌まわしき死亡事故は初期に多く発生している。

1950年から1979年、前半30年の犠牲者の数が20名である。

開催地別に見ると、ドイツのニュブルグリングが5名と圧倒的に多い。

鬼門のニュブルグリング・オールドコースは
1950年から1976年まで使用されたが、以降閉鎖された。

その理由は、1976年8月1日のグランプリで起きた
大事故によるものであることは疑いもない。

ドライバーはその年のトップを走るニキ・ラウダ、
フェラーリの抜擢に応えラウダは快走しまくった。

しかし、彼は一途の飛ばし屋ではなく
冷静かつ科学的にレーサーを分析していた。

「F1レーサーが死ぬ確率は20%、
 この確率を1%も上げたくない」、
ラウダが良く口にしていた言葉だ。

しかも、レース前からニュブルグリングの危険性を
再三にわたって連盟に直言していたが受け入れられなかった。

レースに臨む、彼の心境は如何ばかりだっただろうか。

凶事は2周目に起こった。

ラウダのフェラーリが突如、右にスピン、
フェンスを突き破り山肌に激突、
はねかえって炎上しコース上に投げ出された。
c0135543_2374716.jpg

そこに後続車が激突、
45秒間猛火に包まれたラウダは病院に搬送、
全員が絶望視する中、司祭も駆けつけた。

しかし、神はラウダを見捨てず奇跡的に回復、
ただ、右太ももの皮膚を移植した顔は
かつての面影を僅かに留めるだけだった。

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-10 23:20 |
おじさんの名前はオスカー
今年のアカデミー賞、
作品賞は「それでも夜は明ける」(12 years a slave)、
監督賞は「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンが目出度く受賞した。

栄光の受賞の時、壇上で手にするのが
重さ3.86グラム、高さ34センチ、金色に輝く像である。

映画関係者ならば誰しもが憧れる像、
これは世間ではオスカー(Oscar Statuette)と呼ばれている。
c0135543_10104317.jpg

オスカーとは何者なのか?
どうしてオスカー像と呼ばれているのだろうか?

初めてオスカーの言葉が生まれたのが1933年、第6回のとき、
主演女優賞はキャサリン・ヘップバーンが「勝利の朝」(Morning Glory)で射とめた。
               (オリジナルタイトルの「Morning Glory」は朝顔の意味)
c0135543_10143619.jpg

このとき、映画記者のシドニー・スコルスキ-は記事に
「オスカー君はキャサリン・ヘップバーンの手に・・」と書いた。
               (映画出演時のキャサリン・ヘップバーン)
c0135543_10152074.jpg

何故、彼がオスカーと書いたのだろうか?

諸説ある中で有力なものはこれ!

当時、アカデミー事務局に働いていたマーガレット・へリックさんが
像を見た途端、「これ、私のオスカーおじさんにそっくり!!」

続きを読む
[PR]
by shige_keura | 2014-03-07 23:53 | スポーツ



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.